愚かなハッカーたれ、利口なエンジニアよりも

地方でフリーでプログラミングスキルで生きていく

セルフブランディングは自分に一点集中投資することで、やっぱりリスクが高いのではないか

何年か前に、実名で発信を続けることが信用の担保になる。匿名で発信しても自分にリターンがないといった話に、一時納得したけど、最近はやっぱりリスクが高いと思うようになった。実名アカウントでセルフブランディングし、自分の価値を高めて利益を得ようとすることは、自分に一点集中投資するということだからだ。

株式投資の世界では、一般的には1つの銘柄に一点集中投資するより、分散投資するほうがリスクが低い。なぜなら、1つの銘柄が損失を出しても、他の銘柄の利益が穴埋めしてくれる可能性があるからだ。

グローバルインデックスファンドはその究極形で、世界中の株式を抱き合わせ販売したようなもので、凡人は個別銘柄を買うよりグローバルインデックスファンドを買ったほうが手堅く利益を出せるだろう。

ウォーレン・バフェットのような投資家は別である。彼は徹底的にリサーチして集中投資を行う。そして実際に大きな利益を上げる。けれど凡人には彼のような目利きの能力はない。彼は情報強者なのである。

セルフブランディングという集中投資もそれと同じではないか。アカウントを作成した時点で、既にスキル、実績、人脈があれば、情報強者として発信できるし、セルフブランディングに成功するだろう。また、間違ったことや反感を買うことを書いて叩かれても心が折れず、成長していくことができる人なら実名のセルフブランディングに成功するだろう。

しかし、大多数の人はこれには当てはまらない。持たざる凡人、並のメンタルしかない人に、セルフブランディングという一点集中はリスクが高い。燃えて心が折れて再起不能になることもあるだろう。ならば、匿名アカウントで複数の媒体でアウトプットをしていく方が良いのではないか?

持たざる凡人は経験から学ぶしかないから、たくさんアウトプットする必要がある。実名で及び腰になって当り障りのないことを書いても学びは得られない。匿名アカウントで間違いを気にせずにアウトプットしまくるほうが学びがあるだろう。

また複数の匿名アカウントでアウトプットしておくのも良いと思う。どれか一つが結果が出なかったり炎上しても切り捨ててしまえばいい。折れないためにも、そういう心のゆとりは大切だと思う。

それに複数のチャネルから収入源がある方が安定感があり時間的自由も効く。実名のセルフブランディングが重要とは限らない。実名アカウントで炎上する日々とは無縁のほうが、日々穏やかに暮らせる。

凡人こそ自我を捨てて、ミームマシンになるべし。と思う今日このごろ。自己承認欲求が腰を重くすることもある。自分という主人格を認めてもらいたいという気持ちを脇において、匿名アカウントという複数の自分の分身からアウトプットして、方々から収入を得る方向を目指す。

あと、最初から呪いの言葉を吐くためだけに匿名アカウント作ってるのは駄目だと思いますが・・・そこには何の学びもないし、収入にも繋がらない。

グローバルインデックスファンドと暗号通貨の分散投資で資産運用することにした

毎月定額積立しているグローバルインデックスファンドを残し、全ての株を売却しました。暗号通貨に分散投資、毎月定額積立した方が得られる利益は、大きいと予想。

数ある暗号通貨のうちどれが来るかはわからないですが、すべての暗号通貨が無価値になることはまずないと思う。むしろ私は複数の暗号通貨が普及する形に落ち着くと思う。ビットコイン、イーサリアムなどメジャーどころの3〜5種類の暗号通貨に分散投資しておけば、どれかがコケても他の利益がカバーしてくれると考える。

重要なのは毎月定額を積立投資すること。騰がったり下がったりで一喜一憂して買ったり売ったりしない。暗号通貨への投資は10年単位で数十倍以上の値上がりを期待してのものだから、ドルコスト平均法による長期投資でも十分な利益が期待できると思う。

暗号通貨といえど日本円に戻す過程で売却益を得ると所得税の課税対象になるし、原則、暗号通貨にしたものは日本円には戻さないことにする。普及する過程で大きな利益が出た暗号通貨は、そのまま買い物にも使えるはずだから。

あと、とりあえずビットコインで得た利益は、誰かのVALUを買うことで再投資したい。最後に投資は自己責任で。

収入の安定と時間の自由を両立させるには副業が必須

責任の大きいプロジェクトを抱えるということは、1つの仕事にかかりきりになるということだ。それだといくら稼ぎが多くとも自由は効かないだろう。また、その仕事を辞めれば収入はゼロになってしまう。これは会社員でも社長でもフリーランスでも一緒である。

モバイルボヘミアンという本の中にもあるように、収入を安定させるには複数の仕事から収入源がある方がいい。また、それら1つ1つの仕事の責任の範囲が小さければ、時間の自由も効きやすくなる。ポイントとしては、数万〜数十万程度の収入源となる仕事を複数持つことだと思う。

モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには

モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには

 

例えば会社員で月100万もらおうと思ったら、それなりに責任のあるポジションで働く必要があるだろう。あなたがいないと仕事が回らないなら、時間拘束から免れないし、そういった仕事は急なトラブルで急な呼び出しがあることも多い。これではいくら収入があれど時間的自由は得られない。

逆にブログ、YouTube動画、アプリなりで1つあたり平均月数万の広告収入があり、合計すると月50万くらいになるとする。これだと時間の自由は効きやすい。実際、月50万もあれば十分に生活ができる。

また自由に動ける状況にいると新たな気づきを得られるし、クリエイティブなマインドを維持できる。そして、また新たな小さな収入源となる仕事を創出できるだろう。結果、月100万超えもありうるかもしれない。

私はアプリ開発者だが、ユーザー登録が必要で課金によって収入を得るモデルのアプリは大きな収入を得られるかもしれないが、メンテナンスのコストが高く、急なトラブルやサポートで時間拘束されそうだから作りたくない。

それより、ユーザー登録が必要なく、無料で、機能が少なく、誰でもすぐ使えて、AdMobで月数万程の広告収入が得られるミニアプリをたくさん作る戦術でいきたい。その方が時間の自由が効くだろうから。

これからお金を手に入れられるのは、価値あるものを生産できる人

お金の誕生起源は、物々交換の面倒さの効率化である。要は自分が生産したものと他人が生産したものを交換を用意することが主目的であった。しかし、資本主義経済が普及しシステムは複雑化し、他人にとって価値がある物を生産していない者もお金を得られるようになった。

これはその本人に悪意があるとは限らない。複雑化したシステムの中で、ただ良くわからないままに就職活動をして就いた仕事がそうだったという場合もある。日々、ストレスの塊のような仕事に追われる中間管理職の人たちもそうだろう。

今後、仕事の自動化が進み多くの仕事がなくなると言われる中で、そうした価値を生み出さない仕事から先になくなっていくだろう。そしてシステムはよりシンプルにフラット化していくことになる。

そうなった時、お金を手に入れる手段は本来あるべき手段に回帰していくのではないか。つまり価値がある物を生産できる人でないと、お金を稼ぐのは難しくなっていくのではないか。

たとえばYouTuberはあぶく銭を稼いでいるように思われがちだけど、人々を楽しませるという価値を人に与えている。ただ社内オペレーションで決められた位置に配置されて仕事をしている人よりも、自ら価値を生産していると言える。

それに応じて価値があるとされるお金も、価値のある物を生産していない人々がたくさん保有する従来の通貨から、価値がある物を生産する者たちに支持される暗号通貨へ変わっていくのかもしれない。

暗号通貨は地域のようなコミュニティごとに分散して普及するのではないか

ビットコインが普及しないだろうと言われる大きな理由は、分散台帳であるため取引処理が重いこと、コインの発行数に上限があることだ。現在、暗号通貨が乱立する中で、どれが生き残るかという見方が強いが、1つの暗号通貨が国際通貨のような役割を担う必要はあるのだろうか?以下、未来予想というか妄想です。

たとえば、東海三県(愛知、三重、岐阜)でナゴヤンという暗号通貨が普及し、東海三県内ならほとんど何でも買えるようになるとする。私のような三重県人なら、ナゴヤンさえあれば日常の生活に困ることはほとんどないだろう。

つまり、ほとんどの人にとって巨大国際通貨であるドルはもちろんのこと、日本国内どこでも使える日本円ですら、日常では必要ないのだ。地域通貨が機能すれば、それで事足りるはずなのである。東海三県で限定された取引量ならビットコインのような分散台帳型暗号通貨でも実用的な処理速度でさばけるかもしれない。

今、日本人の多くはグローバルラットレースに参加せざるを得ない状況にある。ブラック企業問題、過労死問題もそれに起因する。極論を言うと日本円がドルという巨大国際通貨と連動していることと、農産業、水産業、畜産業など食の生産業と流通業の寡占が進んでいるから、そのようなラットレースに参加せざるを得ないのだ。

テクノロジーが発展して、誰でも食の生産が簡単にできるようになり、自給自足が難しくなくなれば、グローバルラットレースから降りる人は続出するだろう。そうなればグローバルからリンクが切れた地域のコミュニティだけで完結できるようになる。

仮に自分が作った食物だけで生きていけるようになっても、それだけで人生が成り立つわけではないし、他の人と物やスキルをトレードする必要はあるだろう。でも、そのトレードは日本円でなくとも地域の暗号通貨でもできるのではないか。

もし各地域ごとに暗号通貨ができ、それぞれの地域の人々が保有し通貨としての役割を担うようになれば、日本円を保有する人は減る。結果、日本円の価値は下がり、日本政府という中央集権の力も弱まり、さらに地域の独立性が高まり、相対的にさらに地域の暗号通貨の価値は高まる。

今後、ハイパーノマドのように移動生活をする人はさらに増えることから、地域の暗号通貨は現実的でないかもと一瞬思った。しかし、暗号通貨が普及すれば、簡単に他の暗号通貨と交換できるようになるだろうし、地域から外へ出ることも問題ないはずだ。今でもビットコインから他の暗号通貨へ両替する仕組みはある。

国という単位ではなく、より小規模な地域ごとに暗号通貨があり、それらは他の地域の暗号通貨への両替ができる。それが未来の通貨の形かもしれない。ドルや円のような通貨が取引量の多さから分散台帳型暗号通貨へ移行するのが難しいのなら、暗号通貨の普及と共に価値を失う可能性もあるかもしれない。

と、書いたけど、地域ごとに暗号通貨が別れても、世界中で分散台帳が行われると、ネットワーク負荷が膨大になるかもしれないけど・・・。でもこの記事にあるように光ファイバーの限界突破も可能という話もあるし、その辺はなんとなるのかな。

www.gizmodo.jp

自分を変えたければ、まず今住んでる場所から離れて行動すること

何年か前に見かけた大前研一さんのこの名言。

人間が変わる方法は3つしかない。

  • 1番目は時間配分を変える
  • 2番目は住む場所を変える
  • 3番目はつきあう人を変える

この3つの要素でしか人間は変わらない。 最も無意味なのは「決意を新たにする」ことだ。

正論過ぎてずっと心の中にある。1と3は誰でもいつだってできる。2の住む場所を変えるのは難しいかもしれない。でも住んでる場所に行動範囲を限らないことはできる。週末だけ別の街へ行って過ごすだけでも、自分を変える効果はあると思う。

そして「決意を新たにする」は、本当に意味がない。自己啓発本とかを好きじゃないのも、そういった「決意を新たにする」気分だけを与えるからだ。一時だけ脳内麻薬を分泌させる、ある種のドラッグではないだろうか。

人類は長い歴史の中で定住より移動生活をしていた期間のほうが長いという。だから移動して環境が変わると、本能的に危機意識が高まって感覚が研ぎ澄まされるのではないかと思う。

分散型メディアの時代、あえて無料ブログで運営して、そこからアプリ収入につなげるのはどうか

アプリでAdMobの広告収入につなげるために、テキストコンテンツの投稿は無料ブログにするのも良いかもしれない。コミュニティがある無料ブログの方が、独自ドメインWordpressより読者を集めやすい。そのメリットを活かす方法もあるのではないか。

無料ブログの各記事にはアプリのダウンロードリンクを貼っておく。アプリからは無料ブログの投稿内容も読める。ここで重要なのは直接無料ブログの記事URLをWebViewで開かないことだ。

なぜかというと、無料ブログ内の広告が表示されてしまうからだ。その上で、AdMob広告も表示するのは見栄えが悪い。また、たとえ自分のブログであれど、他社のサイトをWebViewで開いた上で、AdMobで収入を得るのはよろしくなさそうだ。

じゃあ、どうするかというと、無料ブログの投稿内容(写真含む)を自分のサーバーやデータベースにインポートしてしまえばいい。これはRSSAPI経由で定期バッチプログラムでできる。自分の投稿の著作権は自分にあるのだから、それをインポートするのは問題ないはずだ。他人の投稿をインポートするのはダメだが。

そして、アプリから表示する時は、自分のサーバーを経由してHTMLにするなりしてWebViewで表示すればいい。情報取得元は自分のサーバーであるし、ここにAdMobの広告を表示することは問題ないはずだ。

AmebloはAdSenseを貼ることはできないが、国内最大規模のユーザー数を抱え、SNS要素もあり集客効果はある。実際、Amebloをビジネスにつなげている人は、集客して何らかの商品を売っている(芸能人、モデルなら自身が商品)。なら、アプリも商品という位置づけで考えることもできる。

また複数の無料ブログに、それぞれ別の記事を投稿し、それらをバッチプログラムでサーバーにインポートして、アプリでは一本化して見られるようにするのも良いだろう。これなら複数のプラットフォームからの集客を期待できる。

複数の無料ブログに投稿する際には、同じ内容を投稿しないほうが良いと思う。重複コンテンツとみなされるとGoogle検索のペナルティがあるからだ。ユーザーへの印象も良くないだろう。

さらに言うと、サーバーへインポートした内容は、ウェブサイトとしては表示しないことだ。それも無料ブログと重複したコンテンツをウェブ上に公開することになるからだ。あくまでアプリ上でのみ表示するのである。

補足しておくと、テキストコンテンツだけのアプリはおそらくAppleの審査には通らないだろうから、他にも機能は必要である。