愚かなハッカーたれ、利口なエンジニアよりも

自我と距離をおきたいプログラマの日記

ピエトロ ビアンコ 2016 ダニエーレ ポルティナーリ

イタリア ヴェネト州の自然派ワインです。

f:id:eimei4coding:20171020232011j:plain

やや薄にごりで底には澱(おり)が溜まっています。

f:id:eimei4coding:20171020232037j:plain

飲んでみるとレモン、ライムのようなスッキリとした柑橘感、果実味の中に感じる自然派の味わい、余韻のほどよい苦味。飲みやすく食事にも合わせやすそうです。

f:id:eimei4coding:20171020232135j:plain

個性的ではないですが、シンプルにきれいにバランスが取れた美味しいワインという印象。サイトの商品説明にはミネラル感とありますが、個人的には、オイリーさはなく塩味もほとんど感じませんでした。(ミネラル感とは何か?という話もありますが・・・)冷蔵庫から出して30分くらいして少し温度が上がったほうが、味わいが増して美味しいかも。

item.rakuten.co.jp

ビアンコ クレスタン 2015 ダヴィデ スピッラレを飲みました

いつものトスカニーさんで注文。ヴェネト州の自然派ワインです。

f:id:eimei4coding:20171016211948j:plain

ぬるっとしたオイリー感。広がる自然派特有の味わい。しかし、余韻の酸は綺麗でスッキリしている。白ワインにしてはやや濃い目の味わいに感じるが、くどくはない。トスカニーさんの商品説明にあるように、ミネラリーでイキイキとしたワインです。でも度数11.5%とは思えない飲みごたえがある。

f:id:eimei4coding:20171016212001j:plain

ぶどう品種はガルガネーガとトレッビアーノ。確かにソアーヴェっぽさもあるかも。余韻のトロピカルな感じもある酸味はトレッビアーノっぽいような気もします。

item.rakuten.co.jp

月10万のベーシックインカムもどきができると価値観が変わる

ブログ書き始めて1年後に、月10万稼げるようになり、価値観が変わった話。2年半経った今は月数十万の収入があるそうです。

祝400本目!ブログで人生100倍以上幸せになったので「ブログをおすすめする理由」を改めて解説するよ。 | Be Creative!

この記事を読んで改めて思うのは、月10万のベーシックインカムもどきができると、その余裕から価値観が変わるということである。今この瞬間仕事を辞めたら収入が途絶える状況にあると、お金と幸せの相関を高く感じてしまう。

働き続けないとお金が手に入らないという感覚でいるから、もっとお金があれば自由になれる、お金を貯めれば自由になれると考えるのである。そして労働時間を長くしたり、よりプレッシャーのかかる仕事をしたりして、収入を増やすことを考えるようになる。でも、それでは働くのを辞めたら収入が途絶えるという不安から逃れられず、自由にはなれない。

大事なのは当面働かなくてもお金が入ってくる状況を作ることなのだ。毎月、1ヶ月生活できる程の収入までなくていい。月10万のベーシックインカムもどきができるだけで価値観が変わる。「あ、お金って必ずしも働き続けないともらえないものじゃないんだ」という気づきが大事なのである。

月10万ほどのベーシックインカムもどきができると、10万円分、従来型の収入である労働力を提供の対価で得られる収入を減らしても、トータルの収入は今までと同じである。実際そうすると自由に使える時間が増える。10万円でどのくらい自由な時間を確保できるかは人それぞれだが、1週間分くらいは確保できるだろう。

余裕ができた時間で、新しいことを勉強したり体験したりすることもできるだろう。ベーシックインカムもどきを増やすための仕事時間に割り当てることだってできる。そういった余裕を体感すると、お金と幸せは必ずしも相関していないとわかる。

大事なことは自由に使える時間があることで、自分が本当にやりたいことができるかどうかなのだ。

NISA口座から迷わず、つみたてNISA口座へ切り替えました

2018年から始まる「つみたてNISA」。SBI証券ではNISA口座をすでに開設済みで、マイナンバー登録している人は、優先予約受付をやっています。

SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-

つみたてNISAについて簡単に説明

  • NISAとつみたてNISAは、どちらか一方しか選択できません。年度が変わるタイミングでのみ変更できるようです。
  • 非課税投資枠は年間40万
  • 非課税期間は最長20年間
  • 指定の投資信託などを積立で買い付けたものが対象

私はもう株式投資は積立投資しかするつもりがないので、迷わず切り替え申し込みしました。eMaxis全世界株式だけ買っておけばいいかなと。通常のNISA口座で個別銘柄に投資するより、伸びしろ考えたら仮想通貨へ投資したほうが良さそうです。

Ethereum公式アプリMistのバックアップで勘違いしてアカウント復元できなくなった件

Mist 0.91、Mac版の話。

  • メニューのアカウント > バックアップ > アカウントを選択
  • keystoreというフォルダがFinderで開かれ、その中にファイルがある
  • バックアップファイルが新たに作られたと思ったら大間違いで、Mistが参照しているアカウントファイル本体を表示しているという・・・

バックアップしたければ、このファイルをコピーしなければいけない。試しにメニューからバックアップファイル作ってみたけど、とりあえず今は消していいやと思って消してしまったら、アカウントを復元できなくなりました。まさか本体ファイルだとは・・・

そもそもMistのセットアップウィザードみたいなのが不親切。起動するとこの画面が表示されるので、USE THE MAIN NETWORKを選択する。

f:id:eimei4coding:20171011171852p:plain

次にウォレットファイルがあったら、ドロップしてね(※1)と言われる。新規の場合ないので、SKIPを押す。

f:id:eimei4coding:20171011171906p:plain

そしてこの画面で新しいアカウントのパスワードを入力し、NEXTを押す。

f:id:eimei4coding:20171011171921p:plain

ここで、アカウント > バックアップ > アカウントを選択して、keystoreフォルダをコピーしておいてねとアラートが出る。

f:id:eimei4coding:20171011171938p:plain

でも、ここでメニュー操作をユーザーの手に委ねるのが不親切だと思う・・・

(※1)の画面ではwallet fileと呼んでいるのに、ここではkeyfilesと呼んで統一されていないのもよくない。仮にここでバックアップとって、復元しようと思ってもwallet fileって何?って思う人も多いのでは。

ちなみにkeystoreフォルダにあるファイルの中身はJSONファイルである。(※1)の画面ではethereum_wallet_backup.jsonとあり、JSONファイルであることを示しているが、keystoreフォルダにあるファイル名は、UTC--2017-10-11T08-11-47.488186429Z--75c***88のようになっていて拡張子はjsonではない。混乱しますよね。そもそもJSONファイルが何かも知らない人だって多いし。

復元できなくなったおじさんのアカウント・・・まさに0.25ETHは霧(Mist)となりました。

それに比べてNEM公式のNano Walletは親切!まず、ウォレット名とパスワードを入力したら、すぐにウォレットファイルの保存ダイアログが出ます。

f:id:eimei4coding:20171011173231p:plain

次にこのようにウォレットファイルとプライベートキーの保存をうながします。(表示ボタンを押すと内容が表示される)

f:id:eimei4coding:20171011173328p:plain

間違いが起きようがないです。

 

ビットコイン+Coinhiveでは、PV至上主義から抜け出せない

最近、注目されているCoinhive。簡単に言うとサイト閲覧者のユーザーのCPUを使ってビットコインのマイニング(採掘)に協力してもらい、収入になりうるという仕組みである。

知らない間に勝手に自分のCPU使ってマイニングされるのは嫌だという声も当然あり、ブロックする方法も出てきた。

satetsu888.hatenablog.com

ただ、マイニングに協力するという同意を得て、記事の続きを見るといった仕組みもできそうである。

nmi.jp

でもやっぱり自分はこれには惹かれない。なぜかというと、PV至上主義からは逃れられないからだ。芸能人の不倫ネタの続きを読むために、お金払って見る人は少ないけど、無料だしマイニングに協力する程度ならいいかと思う人はいるだろう。

役に立った、面白かった、感動したといったポジティブな気持ちと共に投げ銭することが普及してほしいと思う。そのためには投げ銭した側にもリターンがある仕組みの上で動いている仮想通貨が望ましいのではないか。だからNEM/XEMのPOIは期待している。

でも、芸能人の不倫ネタの続きを読むために投げ銭する人多いのかなあ・・・紙媒体のゴシップ記事だって売れてきたわけだし。

ミニツールアプリ開発で小銭稼ぎに飽きてしまった件

2週間くらいで作れるミニツールアプリを量産して、小銭稼ぎ戦略を試してみようと思って、10個くらいアプリを作り、週3日分の飲み代くらいの広告収入(AdMob)を得られるようになった。このまま積み上げていけば収入を増やせるけど、でももういいかなと思い始めた。以下、その理由。

スマホもアプリも衰退局面に入った

これからはスマホとは違った新しいデバイスが出るだろうし、ユーザーにとってより手間のないものになるだろうと言われる。必要とされるアプリの絶対数も減ると予想される。そんな流れの中、アプリ開発に時間を費やすのはいかがなものかと思い始めた。

作ったアプリが増えると管理が面倒

私が作っているのはミニツールアプリなので規模は大きくなく、OSのバージョンが上がった時の対応はさほど大変ではない。それでも、クリエイティブでない単調な作業の繰り返しになる。作業中にもっと他にやるべきことに時間を費やすべきでないかという疑問が拭えなくなった。

4.3リジェクト問題

最近、Appleのアプリの審査がまた厳しくなり、ガイドライン4.3に抵触すると言われリジェクトが続出している模様。見た目だけ変えた似たようなアプリは出さないようにとのこと。特に迷路アプリが狙い撃ちされてるようです。

sqool.net

こちらの方は、リジェクト受けて解決していない間に、別のアプリ申請したことをきっかけに、アカウント停止にまでなったらしい。これはつらい。

techno-monkey.com

その後、アカウント作り直して、復活したようですけど。

techno-monkey.com

私の作ってるミニツールアプリも、これ以上作り続けると同じようなことが起きるリスクがあるかもしれない。

ブロックチェーンの世界にコミットしたくなった

最近、盛り上がっている仮想通貨。最近、ツイートしなくなったと思っていた知人が、仮想通貨ネタ専用のアカウント作り、そっちでは結構フォロワー集めて、ブログも好調のようだった。

私もNEM/XEMにコミットしたくなったし、プログラマらしくアプリ作ったりしながら、ブロックチェーンの可能性を模索したり、記事を書きたいと思い始めた。そして仮想通貨の投げ銭を浴びたい。

と、興味の対象がシフトしてしまったのもあり、ミニツールアプリ開発はフェードアウトしようと思います。