愚かなハッカーたれ、利口なエンジニアよりも

地方でフリーでプログラミングスキルで生きていく

日本人とベトナム人の自殺者数と交通事故死亡者数を比較して幸福度について考える

数年前にベトナムハノイへ旅行へ行った。バイクが列をなして走っていて、横断歩道の信号も基本無視。最初はびびったけどバイク乗っている人の避けるスキルも発達していて、普通に渡っていればうまく避けてくれるのだ。むしろビビって止まったり走ったりするとはねられかない(笑)

いや、笑い事じゃないんですけどね。実際、現地のツアーガイドさんが言ってたけど、日本にも住んでたことがある彼は、こっちで怖くてバイクなんか乗れないと言ってました。交通事故死亡者数も非常に多いと。

そのことを思い出してふと思ったこと。ベトナムの交通事故死亡者数は日本よりかなり多そうだけど、自殺死亡者数は日本のほうが多そうだ。ベトナムの日本と比べてのんびりした雰囲気とルーズさによる交通事故死亡者数の多さ、マナーを守るが同調圧力による自殺者数の多さと比較したとき、どちらのほうが死亡率が高いのだろうかと。

世界・人口10万人あたりの交通事故死者数ランキング - 世界ランキング

上記のサイトによるとWHOの調べでは、10万人あたりの交通事故死亡者数は、

である。ベトナムが4.75倍も多い。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E3%81%AE%E8%87%AA%E6%AE%BA%E7%8E%87%E9%A0%86%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88

同じくWHOの調べでは、10万人あたりの自殺者数は、

である。日本が3.7倍も多い。

単純計算で合計し平均すると10万人あたりの自殺者数および交通事故死亡者数は、

となる。自殺や交通事故といった不慮の出来事で家族を無くし悲しい思いをするのは、ベトナム人のほうが若干多いということになる。

でも逆に言うと、5倍近い交通事故死亡率があるベトナムに肉薄するほどに日本人の自殺者数が多いということでもある。

ちなみに日本の自殺者数の多さは、高齢化社会であることも強く影響しているという。高齢により病気や経済難を苦にして命を断つ人が多いのだ。

www.minnanokaigo.com

日本とベトナムの平均寿命は以下のとおりである。

平均寿命ランキング・男女国別順位 - WHO世界保健統計2016年版

3歳しか開きがないんですね。しかし高齢化率(65歳以上)の人口比率は以下のように大きな開きがある。

世界の高齢化率(高齢者人口比率) 国際比較統計・推移 - Global Note

日本はベトナムと比べて3.9倍にもなる。自殺者数に関しては日本は3.7倍。ここからも高齢者率と自殺率の相関性は高いように思える。日本の若者の幸福度はベトナムと比較して、自殺率から想像するほどには大きくないのかもしれない。

ルーチン化された生活は人生に選択肢がないように感じさせる

1階に住む精神疾患(おそらく認知症が原因)の92歳のお婆さん。2階に住んでいた男性が理由なく怒鳴られ続け、我慢の限界で平手打ちをしたら倒れて亡くなった話。男性は我慢強く暴力を振るうような男性ではなかったらしい。引っ越しするにはお金がかかるし、兄弟に迷惑はかけられないとお金を借りることもできなかったと。

headlines.yahoo.co.jp

こういう事って生活ルーチンが固定化されて思考が固まった末に起きることだと思う。ルーチンの中で人生に選択肢がないように感じてしまう。常に外の世界があることを認識できる生活を心がけるべきかなと。

ちなみ今朝は少し認知症気味な母親に理不尽なことでブチ切れられましたが、アイスキャンディを上げたら笑顔になりました(笑)

移動する時間が増えてもアウトプットは変わらない?多動の習慣は時間の進みを遅くする?

イーロン・マスクは、テスラ社とSpace X社を行き来しマルチタスク的に仕事をこなしているそうだ。

www.businessinsider.jp

自分も生活がルーチン化し思考が固定化するのを防ぐために、最近は極力動くようにしている。もちろんイーロン・マスクと比べるべくもない移動量と移動回数だが。それでもその分、家でパソコンの前に座って仕事する時間は減っているはずだけど、不思議なことにアウトプット量が減っているように思えない。

「忙しくてできないというのは言い訳だ」といった精神論じゃなく、移動が増えると時間の進みが遅く感じるような?光の速さで移動してるわけじゃないけど(笑)体感的な時間感覚が変わるのかもしれない。

もちろん移動中、寝てるわけじゃなく、本を読むかブログを書くかしてる。一つの仮説として、移動して環境が変わると敵や罠がひそんでるかもしれないから集中するという狩猟民族時代の本能的な働きかもしれない。

集中力が高まると、単位時間あたりのアウトプット量が増える。そして固定化された生活ルーチンからの解放は、マンネリとストレスからも解放し、それがまたアイデアと集中力をもたらすのかもしれない。

f:id:eimei4coding:20170616082700j:plain

写真は三重県伊賀市田圃道。休日、思い立ったように1時間電車に乗って伊賀へ行き、駅前でレンタサイクルを借りて2時間走りました(笑)

プログラミングTipsは独自ブログよりQiitaに投稿したほうがいいと判断した理由

結論から言うとアドセンスで儲からないからです(笑)

一時、頑張ってアプリ開発向けのプログラミングTipsを書いて、月間2万PVくらいまでいったのですが、アドセンスの収入は月2〜3000円でした・・・対して全然プログラミングとは関係ないジャンルのブログは、月間2000PVくらいで月1〜2000円くらいだった。

1PVあたりの収入に10倍近い開きがあり、よくある「PVがどれくらいあったらいくら稼げますか?」という質問に、稼いでるブロガーからは「ジャンルによるから何とも言えない」という返事が返ってくるのは、自分の稼ぎをぼかしてるわけではなく本当にそうなのだ。

Tips系は検索経由でたどりつき、その記事だけ読んだらすぐ離れていくから、他のページなどほとんど見られないから滞在時間は短い。プログラマとか広告に敏感なのでクリック率も低い。だから儲からないのだ。

わずかな儲けのために独自ブログで書くよりは、お金にならなくてもQiitaのようなプログラマコミュニティへ投稿して、ポイント(Contribution)を上げた方が何らかのリターンがありそうに思える。

いずれにせよ私はプログラミング以外のジャンルであれ、ブログで稼ぐのは断念しました。ブロガーとしての才能はないと受け入れ、プログラマらしくアプリ作りを頑張ることに。最初からそうしてればよかったのだ。

私はEvernoteに何でもかんでも保存。1サービスに集約したら管理も楽になった。

今から1年前(2016年6月)、Evernoteの無料プランで同期できる端末数は2台までになった。ユーザーからの猛反発もあり、自分もEvernoteの使用について見直すきっかけになった。

気になる記事があったら、ブラウザ、もしくは、はてなブックマークのようなウェブサービスでブックマーク。画像メモはiOS標準の写真ライブラリに保存。といったように、あとで取り出すかもしれないことがバラバラに管理されていた。

Evernoteに今さら書き溜めたノートを他のサービスに移行するのも面倒だし、Evernoteプラスのプランなら年間3000円ほど。たいした出費じゃない。もうお金払って、これを機会にもっと積極的にEvernoteを使うことにした。

  • イデアメモ(今まで通り)はEvernoteへ書き溜める
  • 紙の新聞の気になる記事は写真に撮ってEvernoteへ保存(地方紙は地方のコアな情報があるので、まだ紙の新聞は役に立つ)
  • NewsPicksやメルマガなどウェブ上の記事で気になるものはEvernoteClipで保存
  • 読んだ本の重要部分をEvernoteへ書き出し
  • これらは全て同じノートブックに保存し分類しない。タグもめったにつけない。

このように何でもEvernoteに保存するようになって、管理がすごく楽になった。テキスト検索すれば簡単に見つかるし、写真内の文字も認識してくれる。ノートブックを分類しなくても問題を感じないし、分類する手間の方が大きい。

後で必要になるかわからないが、とりあえず気になるというレベルで、保存していっている。10万ノートまでという制約も壁にはならない。1日5ノートずつ保存しても限界まで50年以上かかる。

ただEvernoteのカメラ機能は非常に使いにくい。写真の回転も手間。そこで、最近見つけた便利アプリEvernote Scanable。

Evernote Scannable — モバイル(iPhone・iPad)用の高速スキャンアプリ | Evernote

これは例えば床の上に紙を置いて、カメラをかざすと紙の部分だけ認識してシャッターを押さずに撮影してくれる。多少斜めにとっても、きちんと正面に整形してくれる。これで新聞のクリップの手間も大幅に減った。

と言うか、このアプリEvernote公式なんですけどね・・・

Evenoteがうたっているように、まさにEvernoteは第二の脳のようになってきた。お金払ってると真面目に使う気になりますね。

evernote.com

お腹が空くほどに集中力が増す。空腹ドーピング。

最近、ハマっている?のが、昼飯を食べず意図的に空腹状態になり、仕事の集中力を増加させる空腹ドーピング。冗談抜きでマジで効果あります。

人間は食べ物を口にしないといつか死ぬので、空腹状態になると食べ物を探すために集中力が増すようにできているらしい。現代社会では近所のコンビニへ行けば100円で空腹を満たせるけど、ハードウェアとしての人間は、狩猟民族やってたころとほぼ変わりがない。

若かりし日、朝から晩までプログラム書いてたあの時の集中力はどこへ?と思ってたけど、あの時は本当にお金がなくて昼飯抜きとか当たり前だったから、集中できてた面もあると思う。

集中力の源は若さだけじゃない。 実際におっさんになった今も昼飯抜きで集中できている。空腹ドーピングおすすめ。食費も浮くし(笑)ただ、空腹ドーピングは24時間が限度だそうです。どのみち、そこまでは我慢できませんが・・・

アプリのユーザーデータをサーバーに保存したいけど、ログインが壁になることを回避するアイデア

こういったアプリを作りたいとする。

  • ユーザー個人のライフログ的な日々の記録をする
  • ユーザー間でデータをシェアするわけではない
  • ユーザーがアプリを削除してもデータはサーバーに残したい
  • ユーザーが持っている複数端末でデータ同期がしたい
  • facebooktwitterなどSNSのアカウントでログインできるようにしたい

GoogleのFirebaseを使えば、このニーズを満たせる。

しかし、アプリを起動して早々に「データを保存するためにSNSでログインしてください」ってな感じでログイン画面が出ると、多くのユーザーはアプリをそっと閉じてアンインストールしてしまいかねない。自分もユーザーならそうする・・・

そこで、

  • ログインなしてもローカルでのみのデータ保存ができる
  • 後でサーバーに保存したくなったら、サーバー保存できるよう切り替えられるようにする

でも、これもまためんどい。ローカルストレージに保存するのとサーバーストレージに保存するのでは実装が異なる。そこはラッパークラスでも作って、なんとかできるだろうけど、ユーザーが数千件以上ものデータを保存していた時、移行処理時間もかかるだろうし、きちんと移行できるか心配だ。できなかったらユーザーからの稲妻が落ちる。

そこで、こうするのはどうか?と考えた。

  • 最初にローカル保存するかSNSログイン&サーバー保存するか選べる
  • ローカル保存は10〜100件程度までしかできない
  • ローカル保存の上限に達した時点で、「これ以上保存するためにはサーバーへの保存が必要です」とアラートを出して、SNSログインをうながす

これだとある程度使って気に入ってくれた人が、SNSログインして使ってくれるし、データの件数もそう多くないから、移行にかかる処理時間も短くて済む。

さらにこの条件を加えておく。

  • サーバー保存へ移行するとローカル保存へは戻すことはできません

ユーザーがこんなことを望むことはほとんどないだろう。というか、こういうことに対応することも考えると大変だし、万が一移行に失敗したらやっぱりユーザーの稲妻が落ちるだろう。

実際に自分はこの条件でアプリを作ってみたいと思う。