愚かなハッカーたれ、利口なエンジニアよりも

自我と距離をおきたいプログラマの日記

トークン投げ銭型SNSが普及すれば、人を支援するためのお金はもっと軽くなるのでは

最近、よく思うことはお金って重いなあということ。その重さがお金の循環を停滞させ、しかるべき人にお金が回らなくなっている原因ではないだろうか。

使ったお金が無駄なこと使われたり、使ったことが失敗だとわかると腹が立つ。飢えるかもしれない恐怖からお金を貯めようとする。「金は命より重い!」という台詞は決して言い過ぎではない。

今、ウェブの世界では投げ銭の仕組みが普及しつつある。YouTubeのSuper Chatや、noteのクリエイターを応援ボタンなんかがそうだ。ちなみにVALUは優待や売却益をもくろむ場合もあるから純粋には投げ銭ではないと思う。

先日、ALISという新型SNSプロジェクトがICOで資金集めをした。難なく目標金額を暗号通貨ETHの投げ銭で集めることに成功した。ALIS自身も投げ銭の仕組みが入ったSNSである。「いいね」を押すと投げ銭される仕組みらしい。厳密には銭=お金ではなくトークンであるが。ということで勝手にトーク投げ銭SNSと呼ぶことにした。

で、話が戻ってお金が重いという話。例えば、海外の貧困地域で支援活動をしている人がいるとする。彼らが支援活動の寄付を募ることは今も昔もあることだ。ただ寄付をすると、現地でこういう問題があることを知ってほしいといったセミナーの勧誘があったりする。

そこで応援する気持ちはあるけど、そういう重い問題に深くコミットしたいわけではないと、敬遠する感情を抱く人は少なくないだろう。そして深くコミットしたくない気持ちから寄付をすること自体ためらうようになる。

また、そういった海外で人道支援活動をしている若者に対して、海外の問題より日本の問題に取り組め、お前の教育費は日本国民の税金によるものだろう。といった石を投げる人たちもいる。少しでも寄付で集めたお金が私的なことに使われているとわかると、メテオストライクばりに投石し始める。

自身は対して社会に還元しているわけでもないのに、正義の投石を行う人達を見て、ただただ嫌な気持ちになり、ただただ息苦しさを感じる。で、こういう寄付をためらったり、寄付を受けている側を叩いたりって、お金が必要以上に重いことに起因しているのではないか?と最近、私は思うようになった。

たとえば人道支援活動をしている人の投稿がSNSで回ってきて、「いいね」をするのは気軽だ。中には正義の投石コメントもあるが、サイレントマジョリティ層の多くの人たちは、「若いのにがんばってるなこの人」「自分にはできないことをやっているな」という気持ちと共に、そっと「いいね」を押すだろう。

こんなふうに「いいね」を押す感覚で投げ銭できると、世の中大きく変わるのではと思う。いいね投げ銭1回あたりの金額が10円とかなら、応援したいと思った人に気軽にいいねできそうだ。継続的に活動を続けSNSにアウトプットしていれば、さらにいいねが増えて投げ銭で集まる金額も増えるだろう。正義の投石が行われても、共感度が高いサイレントマジョリティな人たちの投げ銭がやむことはないだろう。

人道支援活動をしている人たちも寄付してくれた人達に、ダイレクトなアプローチは必要なくなる。継続的に活動を投稿すれば、多くの人にリーチするようになり、自発的にこの問題に深くコミットしたいと思う人へ届く。彼らは自らSNSでメッセージを送るだろう。

自分が応援したいと思っている人に気軽に投げ銭して、頑張ってる人にお金が回るのが当たり前になる。そんなふうに、もっとお金に対する感覚が軽くなれば緩やかで優しい社会になるんじゃないかと妄想する今日このごろ。

ちなみに私はトーク投げ銭SNSは、NEM/XEMをベースにしているものができたら是非とも試したい。NEM/XEMはNEMネットワークの通貨XEMをより多くやり取りした人が、ハーベストという利息のようなものがもらえる仕組みだからだ。この仕組みは投げ銭し合う経済圏を作りうるのではないかと期待している。

って、まだハーベスト試してないけど・・・

チンクエ テッレ ペルゴーレ スパルセ 2016 カンティーナ チンクエ テッレ

イタリアの自然派ワイン。世界遺産「チンクエ テッレ」の急斜面の畑に植えられた最高のブドウで造る、凝縮した味わいの白ワイン(楽天ショップトスカニーさんの商品説明より)

f:id:eimei4coding:20170920214734j:plain

きれいな酸味、繊細な果実味、余韻はじっとり果実味が凝縮して染み入る感じ。なんだろう、特別アロマティックではないし個性的とも言えないけど、すごく全体の雰囲気を良く感じる。白い服が似合う清楚、可憐さ。それでいて芯の強さを感じさせる。そんな女性を連想させるワイン・・・あれ、気がついたら私の女性のタイプを熱く語っていた(笑)

しばらく常温にさらして温度が上がってくると、より果実の凝縮感とミネラル感を感じられるように。ちょっとさっき言った清廉、可憐というイメージとは異なってくる。

f:id:eimei4coding:20170920214909j:plain

で、商品説明のページを見てみたら、あ、この産地、前にBSで見た場所だ!昔の人がロープで身を縛って岩盤を削り落として作った畑。最大斜傾45度にもなる場所で作られているワイン。放送見ていて飲みたいなと思ったのを記憶している。まさか適当に選んで買い当てているとは!

いつもイタリアワインは楽天ショップのトスカニーで買ってます。

item.rakuten.co.jp

コッリ ピアチェンティーニ ボナルダ 2015 イル ヴェイ

結構、イタリアの自然派ワインでは有名?なイル ヴェイ。

f:id:eimei4coding:20170920214027j:plain

口に含むとやや重口に感じるが、中盤からジューシーな果実味と自然派特有の味わいがある。舌にぷちぷちとした微発泡感もある。それでいて、舌がざらつくほどのタンニンの重さも感じられる。

ジューシーさとタンニンの重さ両方あるのは珍しい?重さを感じる割に飲みやすいです。 温度が上がってくると酸、果実味、自然派の味わいがタンニンと調和するように感じて、より美味しくなる。より重さを感じるようにもなるが、それでも飲み飽きない。

3日目でもほとんど味の劣化を感じない。それどころかまだプチプチした感じもある・・・自然派の生命力を感じました。

item.rakuten.co.jp

シチリア ムニール 2016 ヴァルディベッラ

イタリアの自然派ワイン。シチリアの土着品種カタラット主体。

f:id:eimei4coding:20170920213228j:plain

周囲の色がすぐ映り込むほど透明感のある色合い。その色合いから想像どおりみずみずしい。

f:id:eimei4coding:20170920213356j:plain

しかし中盤から果実がふくらみ、きれいな酸が乗ってくる。飲みやすくも味わいがあるので、スイスイいってしまう。 果実味はやや柑橘系果物の皮のような苦味も感じる。自然派らしい独特な感じはなく飲みやすかったです。でも個人的にはその独特感を求めてしまうけど(笑)

item.rakuten.co.jp

進化論から考える正義でフルボッコする心理分析

脳科学者の中野信子さんのお話。なぜ人はネット上で正義を盾にフルボッコすると気持ちが良いのかという分析をしている。

logmi.jp

要約すると、

  • 本来、人間は自然環境の中で個体としては弱い存在である
  • それが地球上で70億も個体数を増やすに至ったのは、共同体を築き上げてきたからである
  • したがって共同体の存在を脅かす個体に対して、排他的な感情を持ち、かつ、叩きのめすことに快感を抱く個体が自然選択の中で生き残ってきた

という分析をしている。なるほど。以下は記事からの引用。

そのリスクを乗り越えるために、脳が工夫をしたのが、「バッシングに快感を持たせる」ということです。叩くと気持ちいい。誰かを責めて、泣くまで締め上げると気持ちよく感じるようにできている、というわけなんです。その快感がシャーデンフロイデなんでしょうね。

共同体を維持するためには、他の遺伝的形質でも良かったはずで、こういうなんとも嫌な気がする遺伝的形質が自然選択されたのは偶然的な要素もあるんでしょうね。うーん、なんか脳のバグがたまたま攻略法になりましたみたいな感じがする・・・

ちなみにこのシャーデンフロイデというドイツ語は、中野信子さんいわく日本語だとネットスラングの「メシウマ」がぴったり当てはまるらしい(笑)

いわゆるネットスラングの「メシウマ」というのが一番ぴったりくる、そんな概念です。メシウマ、って「他人の不幸で今日もメシがウマい」の略なんですよね? シャーデンフロイデは、妬みの相手が失敗したときに感じる喜びの感情のことです。例えば、自分と同学年で同性の人が、素敵な恋人とつきあいはじめました。誰もが羨むような人とお付き合いをしている。でも、どうもそのせいか成績も下がって、なんか別れたらしいよ、とかね。

SNS時代になって炎上系インフルエンサーがポジションを固めるようになったのは、快感のためにフルボッコしてくる人たちに折れることなく、燃えながらフォロワーを稼いで電子空間上に新たな共同体を作れるからでしょうね。

この正義でフルボッコ快楽遺伝子たちが泳いでいる遺伝子プールの中で、中野信子さんが提唱する有効な生存戦略

目立たないように、突出しないように振る舞って、自分の利益はこっそりと仲間内だけでおすそ分け、というのが一番いい戦略になります。あんまり希望のない話で申し訳ないようですけども、日本こそが、そうした戦略が適応的である社会です。

脳科学者の出した結論と、ネット社会を観察して行き着いた私の結論は完全に一致していて思わず吹き出してしまった(笑)

か弱き遺伝的形質の個体が、個人の幸福感を高めようと思ったら、クローズドなSNSで身近な人達との共同体を維持して、磨いた能力で得た余剰利益を彼らに還元することが正しい戦略だと思う。

オープンな場でセルフブランディングフルボッコが待っているからしんどい。今日もネットパトロール隊がどこかで誰かをフルボッコ

f:id:eimei4coding:20170920094755p:plain

 

ロンカイエ スイ リエーヴィティ 2016 メンティ

イタリアの自然派ワイン、メンティ。微発泡ワインかと思ったら、スパークリングくらいの泡の強さ。アルコール度数もやや低めで(11.5度)ライトですっきりだが、ほのかに自然派らしい味わいも感じる。

f:id:eimei4coding:20170918230419j:plain

これは温度上げたほうが美味しくなるのでは?と、グラスに注いでしばらく放置。

f:id:eimei4coding:20170918230813j:plain

 温度が上がり炭酸が抜けてくると、果実味も感じるし、飲みやすいけど余韻に自然派らしい大地のパワーを感じる。ショップの商品ページの解説にあるように、オイリーさやミネラル感もあるように思うが、泡であまり感じられなかった。

f:id:eimei4coding:20170918230434j:plain

ぶどう品種見ると私の好きなソアーヴェで使われるガルガーネガ。自然派はこうなるのかと感慨深くいただきました。

item.rakuten.co.jp

自分の存在意義で悩むのは記憶回路のバグかもしれない

受動意識仮説によると、何を行うかの決定は意識するより先に脳が決定しているという。意識は脳の決定を後追いして記憶しているにすぎないのだと。

脳が下した決定を後追いで記憶する必要性について考える。どのような行動をとり、どのような結果になったかを記憶することは、次の成功、失敗の予測に繋がるからだろう。つまりそれは個体の生存能力を上げる。

ただ下した決定事項と結果1つ1つを分離して記憶するだけでは効果が薄い。それらをつなぎ合わせることで相関関係を推測することもできる。さらに次の成功、失敗の予測精度が高めることができる。

記憶回路が過去から現在に至るまでの脳が下した決定と結果をつなぎ合わせることで、「私の人生」といったストーリーが生まれる。しかし、このストーリー化の能力は、ただ生存能力を上げるだけのものかもしれない。

なら、私が生まれてきた理由は?私が生きている理由は?といった事で悩むのは、記憶回路のバグとも取れる。ストーリー上の「私」などどこにもいないのだから。もし、そのような悩みが襲ってきたらこう考えれば良いのではないか。

「私」は脳が下した決定を記憶する回路の副産物である。私を喜ばせたいなら、脳がしたいと思うことに素直に従い、楽しかった記憶を増やせばいい。もちろん、社会道徳を逸脱しない範囲で。