読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愚かなハッカーたれ、利口なエンジニアよりも

地方でフリーでプログラミングスキルで生きていく

Wordpressでなく、はてなブログでいいやと思う理由

Wordpressは管理が手間

Wordpressの導入は簡単だが管理の手間がある。まず頻繁なアップデート。セキュリティの問題修正もあるので、きちんとアップデートしない。プラグインで自動更新もできるが、アップデートで一部のプラグインが使えなくなることもある。

カスタマイズは最小限でいい

はてなブログしかり無料ブログだとWordpressほど管理の手間はない。しかしWordpressのようにカスタマイズ性は高くない。でも今どきブログのアクセスのほとんどはスマホからだろうし、そこまでカスタマイズに凝る必要もない。大手のサイトも最近はPC版もサイドバーが無かったりシンプルなレイアウトが多く、実際そのほうが見やすい。

アドセンスなど広告を貼るくらいは、ほとんどの無料ブログでできる。スマホなら記事の上端と下端に広告を貼るくらいだろう。Wordpressのような高いカスタマイズ性はいらない。

はてなの場合、スマホのカスタマイズは、現状有料プランのProでないとできないが、2年で1万5千円程度である。これくらいきちんとブログ更新すれば元が取れるはずである。カスタマイズや料金のことを考えるより記事を書くことに集中した方がいい。

むしろカスタマイズしたいという欲求は排除したほうがいい。だからWordpressは使わないことにした。

コミュニティの中にブログがある

はてなアメブロなどはユーザーの濃いコミュニティがあると思う。はてなブログには、記事にスターをつけたり、はてなブックマーク、読者になるボタンなど、他のユーザーへの導線がある。

アメブロも足あと機能(ぺた)や、いつの間にかリブログなんて機能もできていた。Tumblrのリブログと同じというより、引用みたいな感じでTwitterリツイートに近い感じである。

はてなのユーザーはネットリテラシーの平均値も高いと思うし、良質な記事を書く人も多い。はてなというコミュニティの中でブログを書いていると、なんらか有益な繋がりもできることも期待できる。

Wordpressを卒業して、はてなブログ

はてなブログができたころ、すぐに登録して技術系の記事を書いてましたが、途中でWordpressに移転しました。けど、技術系ブログはアドセンス収入を上げるのが難しく感じたし、微々たるお金のことよりもコミュニティの中で投稿したほうがいいなと、今は技術系の記事はQiitaに投稿してます。

独自ドメインのサイトも作っていますが、こちらもブログの機能は自前で実装することにしました。システムとの統合を考えたら、簡易ブログ機能も含めて自分で作ったほうがいいと判断したからです。

自分はもうWordpressを使うことはないと思います。

人口30万人くらいの地方都市は田舎ではない

新宿や渋谷など都心は家賃が高いから住めない。そこで家賃が安い街に住むことになる。安いって言っても地方都市よりはもちろん高い。

東京で暮らしてた頃、4回引っ越しして、練馬区、中野区、大田区、目黒区に住んだけど、どの街も駅前に商店街があって住み心地は良かった。どこも新宿などの都心へ30分で出れたが、閑静な住宅街で都会の喧騒とは無縁だった。

そして今は三重県四日市市の街中に住んでいる。四日市市三重県の中で一番人口が多く30万人ほどらしい。駅の周辺にはデパート、商店街、100円ショップなどがあり、コンビニやスーパーも多い。自分は駅から徒歩10分くらいのところに住んでいる。

日常生活で困ることはない。地方は車社会だと言われるけど、自分は東京の時と同じく車無しのチャリ生活。まったく困っていない。駅から1km圏内で日常生活で必要なものは全て調達できる。たまに買えないものがあってもネットで買えるものばかりだ。

ファッション関係は弱い。けど名古屋まで電車で35分ほどだし、桑名のアウトレットパーク・ジャズドリーム長島までも車なら30分かからないだろう。東京だって住んでいる街でファッションをまかなえることはなく、都心部へ電車で30分ほどかけて出かけることがほとんどだろうし、自分もそうしていた。状況は同じである。

そして四日市は駅周辺にたくさん飲食店がある。特にこの数年でお店がたくさんできた。お気に入りのワインバーや日本酒と和食のお店があり、飲み歩きは四日市だけで完結する。名古屋へ行くことはほとんどない。

むしろ東京に住んでいた頃よりも飲み代を使っている。東京の住宅街のほとんどは四日市ほど飲食店はないだろう。自分が今まで住んだ東京の街も近場で通うようなお店はほとんどなく、飲みたい時は電車で都心部へ出ていた。

四日市のような地方都市は日本各地にあるだろう。地方と言っても30万人くらいの人口があれば田舎ではない。生活に困ることはなく、車もいらず、飲食店も充実していたりする。なんといっても東京と比べて家賃が安いのがいい。3DKくらいになれば家賃は東京の半分以下ということも珍しくない。田舎じゃなくて人口30万規模の地方都市でそれくらい安いのである。

日中は自宅兼事務所で働き、日常の買い物は近場でさっと済ませる。夜はホットヨガで汗を流し、気が向いたらふらりと近所のお店で飲む。お店の人とも気の知れた仲である。居心地の良い街だ。なぜあんなに東京にずっと住みたがっていたのだろう。イケダハヤト氏のまだ東京で消耗してるの?って言葉が身に染みる。

仕事さえなんとかなれば人口30万人規模の地方都市で暮らしたほうが、家賃が安い分アドバンテージがあって快適と思う今日このごろ。

登録しているサービスのアカウント名を統一する際に考えたこと

登録しているサービスのアカウント名を統一することを決意。その時々の気まぐれでバラバラになってしまった・・・

言うまでもなくセルフブランディングしたいなら統一されている方が良いはずです。それで実際にやろうとした時に、あれこれ悩んだりしたのでそのことについてまとめたいと思います。同じ状況でハマる誰かの役に立つかもしれないので。

社名を使わない

個人で活動する場合、自分の個人の名前を覚えてもらうほうが良いはず。もちろん実名でなくてもハンドルネームでもいい。でも社名や屋号は使わないほうがいいと思う。覚えてもらいたいのはそっちではないと思うので。

組織化してうちの会社はこんなことやってます!ってのなら、社名をアカウント名にしてもいいと思うけど、個人なら個人名をアカウント名にして覚えてもらったほうがいいと思う。

SNSを通じて出会って、リアルで実際に会った時に◯◯さんってすぐ呼んでもらえる方がいいから。社名というクッションはいらないはずです。

お尻に数字をつけるのはダサい気がする

自分の名前をそのままアカウント名にしようとしても、珍しい名前でないと取れないことがほとんどでしょう。それでみんなお尻に数字をつけたりする。

でもなんかダサイ気がしましすよね。意味がある数字なら良いのですが、たいていはアカウントを取るための場当たり的なものだと思います。誕生日とか登録年度とか。セルフブランディングとしては今ひとつな感じです。

区切り文字の悩み

お尻につけるなら意味がある文字を付けたい。もし料理人という属性を売りたいなら、yamada-chefとか。しかし、この区切り文字のハイフンとかが問題になったりする。区切り文字によく使われるのはハイフン、アンダースコア、ドットあたりだけど、サービスによってはアカウント名に使えないこともある。

よって、あるサービスでハイフンが使えたからハイフン付きで登録したけど、別のサービスでは使えずそちらではアンダースコアを使うはめになった。とか、アカウント名を統一できない事態におちいる。

区切り文字無しでyamadachefにすれば、統一はできるがなんだか区切りがないから見栄えが悪く見えたりする。そうは思わない人もいるだろうけど、自分はなんか嫌だ。

数字で区切る

そこで自分は数字で区切ることにしました。forは4、toは2と置き換えるのは英語圏でもよくある手法。たとえばyamada4cookingにするとYamada for Cooking、料理のために生きる山田みたいな意味をもたせることができるし見栄えも悪くない。

そんなわけで自分はeimei4codingにしました。プログラミングこそわが人生。

アカウント名を変えられないサービス

変えると決めたはいいけど変えられないサービスもあるのでは・・・そこで自分がよく使うサービスを調べてみた。

  • twitterはOK
  • facebookは駄目。でもこれはプライベートでやってるので変えなくてもいい
  • facebookページはOK。以前は変えられなかったと思うけど、いつの間にか自由に変えられるようになっていた
  • githubはOK。リポジトリのURLが変わってしまうが、自分はOrganizationリポジトリにコミットしてあるので問題なし
  • QiitaはOK。記事のURLが変わってしまうが、そんなに投稿してないし気にしないことに

そして問題のはてなさん・・・変えられないよ!

はてなは新しくアカウント取った

悩んだけど今までやってきたはてなブログはアクセスあまりないし、ブログのURLも統一アカウント名でやりたかったので、ブログ移転することにしました。ブログを移転するならアカウントも作り直してしまおう。

ということで、アカウント取り直してこのブログを開設しました。

 

 

アプリをメディア発信源にするまでの道のり案

ブログのような母体を持たずにtwitterfacebookinstagramにコンテンツを直接投稿する分散型メディアの話で盛り上がってますが、現状マネタイズが今ひとつ見えないと思います。近いうちに仕組みはできそうですが。

そこでアプリを作れるならアプリがメディア発信源となるようにするのが良いように思う。

アプリの実装

  • 自前でサーバーサイドのプログラムを書く
  • サーバーサイドはブログの機能と、アプリからキックするAPIを用意
  • アプリはAPIキックで、ブログの閲覧、検索、ブックマーク、シェアなどの機能を用意
  • アプリはブログだけでなくユーザーが定期的に使うような配信コンテンツと関連する便利機能をつける

アプリのダウンロードを促す方法

  • ブログの閲覧はウェブでも見られるようにする
  • HTMLタグ回りはきちんとSEO対策して検索から流入させる
  • 新しい記事はtwiterやfacebookにも投稿し、SNSからの流入させる
  • 当然、メタタグはOGP対応してSNSに投稿した際に記事のタイトルやサムネイルが表示されるようにしておく
  • 記事の最後にアプリのダウンロードボタンを配置
  • あまり余計なものを配置せずに、ダウンロードボタンが目立つようにする

マネタイズ

  • Admobなどのクリック報酬型の広告収入
  • 有料課金(限定機能の公開、広告非表示など)

アプリの場合、マネタイズは比較的簡単。ユーザーが増えて日々使ってくれればAdmobでの広告収入は伸びる。

大事なのは定期的に使ってくれる機能を付けておくこと。単なるブログリーダーではすぐ見てくれなくなると思う。たとえば節約をネタとするメディアなら、こづかい帳機能を付けておくと、日々ツールとして使ってくれ、ついでに記事も見てくれる。

こういうのは個人レベルでも実現できると思う。記事に関してはアフィリエイターがやっているようにライターさんを雇ってもいい。その代わりアプリの作り込みを頑張る。

というか、自分がやろうとしてることですけどね(笑)アプリをメディア発信源にするまでの道のり案

AdMobのネイティブ広告にしたらバナー広告より大幅にクリック率が上がった

AdMobでネイティブ広告を使えるようになってしばらく経ちますが、バナー広告より目に見えてクリック率が良いです。

シンプル血圧手帳 - 簡単!誰でも使える!印刷もできる!

シンプル血圧手帳 - 簡単!誰でも使える!印刷もできる!

  • Stack3
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

このような血圧手帳アプリを公開しているのですが、記録した血圧が一覧表示される画面の下の広告をバナー広告からネイティブ広告に変えました。高さも大きく取るように。

バナー広告の時はクリック率0.5%だったのが、ネイティブ広告に変えたら1.2%にまで上昇!

まだネイティブ広告を導入していない方は、ぜひ貼り替えることをおすすめします。貼る位置によると思いますが、一覧表示に混ぜると収益向上が見込めると思います。

AdMobの広告管理画面からボタンの色を変更したり、アプリのデザインに溶け込ませることも忘れずに。反対色を使って少し目立つようにすると良いと思います。自分のアプリの場合、白や薄いピンクが中心なので、広告のボタンを反対色の緑にしました。

f:id:eimei23:20161123201920p:plain

CSSでいろいろいじれるのが良いです。