愚かなハッカーたれ、利口なエンジニアよりも

自我と距離をおきたいプログラマの日記

音声認識スピーカーはマルチタスキングに有効なガジェット

AmazonからEcho Dotの招待メールが来て、2000円割引の3980円だったので買いました。そして、さっそく使ってみた。

f:id:eimei4coding:20171201093743j:plain

iPhoneのSiriをほとんど使わない理由

私はiPhoneのSiriもぜんぜん使わないし、音声認識システムの必要性を疑問視していました。手で入力したほうが早いよねという。そういう疑問を持っている人、多いと思います。けど、それはiPhoneの場合、手で入力できることを音声認識という別の手段でやろうとしているからだと今さら気づいた。

音声認識はマルチタスキングに便利!

たとえば、PCで仕事している最中に、アレクサに「アレクサ、今日の天気は?」って言うと今日の天気を教えてくれる。いや、別にそれPCで検索すればよくない?って思うだろうけど(自分も実際に使ってみるまではそう思っただろう)、仕事をプチ中断しなくていいというのが大きい。

ふと今日って雨降るんだっけ?と思った時、仕事の手を止めて検索するのではなく、仕事を続けたままアレクサに聞けるというのは、なかなかストレスフリーなのだ。

口で言う方が早くて便利なこともある

たとえば、iPhoneで起きる時間をタイマーセットする時、布団に潜ってから、タイマーセットし忘れたことに気づくと、起きてiPhoneを操作しなければならない。運良く枕の横にあればまだいいが、それでも何らか操作は必要である。

けど、これもアレクサなら「アレクサ〜、朝5時に起こして〜」と言うだけでいいのだ。そうするとアレクサは「明日、午前5時にアラームをセットしました」と応えてくれアラームをセットしてくれる。布団から出る必要はない。1m以上離れていてもきちんと音声を認識してくれる。

初日からクッキングタイマーにも活用することになった。

初日から普通に生活に馴染みそうな手応え

と、初日の感想なのですが、音声認識スピーカーいいかも!初日から生活に馴染む感触があります。Echo Dot安いし物は試しにいかがでしょう?

Amazon Echo Dot (Newモデル)、ブラック

Amazon Echo Dot (Newモデル)、ブラック

 

ちなみにWi-Fi接続できずにセットアップでハマったので、その件もメモ書き。

Echo DotがWi-Fiに繋がらずハマって何とか接続

 

テンピュールのスリープマスク(アイマスク)で昼寝して眠気飛ばし!

最近、昼過ぎに眠気が襲ってきたら、それと戦わずに素直に昼寝して、スッキリ目覚めてから仕事を再開したほうが良い。自宅勤務者の私はひと目を気にせず寝放題。しかし、昼寝しても目覚めが悪く、頭がシャキッとしないことも多い。

TEMPUR(テンピュール) スリープマスク

TEMPUR(テンピュール) スリープマスク

 

そこでこのテンピュールのスリープマスクを試してみることにした。テンピュールはブランドメーカーだけど、これは3000円程度だった。

最初、着けてみた感想は意外に圧迫感があるということだった。目の下にクマができるあたりを圧迫する。しかし、このおかげなのか目覚めた後、目の周りがスッキリして、寝起きも良くなった。

もう昼寝に欠かせないアイテムに。ちなみに長時間の着用は不快に感じるので、夜は着けていません。夜は普通にぐっすり寝るし、ほぼ毎日目覚めも良いので必要ないです。

昼過ぎに睡魔が襲ってきたら、さあ寝るぞ!と積極的に寝る今日このごろ。こういうのパワーナップという呼び方もするらしい。

www.lifehacker.jp

この記事によると天才たちも集中力回復のために積極的に昼寝をしていたということで、大事なことは短い時間に限り深い眠りに入らないこと。これは私も実感している。

ヨガのレッスンに通っていて最後の5分くらいシャバーサナといって仰向けになって休憩するんですが、疲れてると浅い眠りに入っていく。しかし目覚めると5分とは思えないくらいに睡魔が飛んでスッキリするのを何度も体験してきた。

だから短い昼寝でも睡魔は飛ばせる。睡魔と戦い仕事するくらいなら少しでも寝た方が良い。やや眠気があり不快という程度なら15分だけ寝る場合もある。むしろ大事なのはガチで寝ないこと。最近は常に考え事をして意識がある状態を保って昼寝をしている。睡眠というより目と頭の休憩といったほうが適切かもしれない。

このパワーナップのコツを最近つかんだらしく、睡魔をうまく飛ばせるようになった。この記事も30分のパワーナップ後に書いている。スリープマスクのおかげもあって目の周りもスッキリ!

 

ビアンコ ヴィヴァーチェ コッリーネ ペスカレージ 2014 ラバスコ

イタリア・アブルッツォの自然派ワインで、トレッビアーノのみらしい。お店の説明には微発泡とあるけど、開けたてはそれなりに強度のある泡です。

f:id:eimei4coding:20171111000136j:plain

 

蓋はコルクでなく王冠。内側がプラスチックが入っているタイプは始めてかも。ちょっと栓抜きで浮かせたらポンっと開きました。

f:id:eimei4coding:20171111000206j:plain

 

しゅわっとした泡の中に感じる自然派特有の味わい。余韻はスッキリ。泡だから軽快に感じるけど、自然派特有の濃縮された味わいはきちんとある。泡が抜けてきて温度が上がってくると酸味もきちんと感じられるようになる。

f:id:eimei4coding:20171111000247j:plain

 

そして最後の方は濁っていて色が濃い・・・ここまで来ると泡も抜け、自然派特有の濃縮された味わいを堪能できます。んー、ワインをたしなむというより、自然のエネルギー吸収な感じです(笑) 

f:id:eimei4coding:20171111000429j:plain

全体的にすごくまとまって飲みやすくも自然派らしい味わいも楽しめる良いワイン!と思いました。そしてこれ、2000円切ってるんですよね。コスパいいしまた買おう(笑)

item.rakuten.co.jp

ビアンコ クレスタン 2015 ダヴィデ スピッラレ

前日いただいたダヴィデ スピッラレの別ボトルのヴェネトの自然派ワイン。前回はソアーヴェで使われるガルガーネガとトレッビアーノでしたが、今回はガルガーネガのみ。

f:id:eimei4coding:20171110233521j:plain

f:id:eimei4coding:20171110233523j:plain

レモンライムな柑橘フレッシュ。中盤から乗って来る自然派特有の味わい。しかし綺麗な酸とともに消えていきクドさはない。前飲んだボトルも美味しかったけど、これも美味しいです。飲みやすいけど自然派らしい味わいがするバランス感がいいです。ラベルもシンプルながらもワインのイメージに合っていてセンスを感じます。

朝4時に起きになって、Amazon定期便、パントリーなどの利用率が下がった

数か月前から仕事効率を考えて朝4時に起きるようにした。40歳になるころから12時過ぎになると猛烈な睡魔が襲ってきて仕事にならず、7時起きでは遅すぎると判断し4時起きするようにした。起きる時間を早くしても睡魔が襲ってくる時間は12時過ぎと変わらないことがわかり、午前中の労働時間を増やせる4時起きが定着してきた。

以前は買い物に行く時間がもったいないからと、Amazonの宅配を積極的に利用するようにしていた。Amazon定期便やパントリーでトイレットペーパーや調味料など日用品、消耗品を買っていた。

しかし、Amazonは梱包のまとめ方がひどく、たった1つの商品に大きなダンボールで来たりするため、資源ごみの日にダンボールを出す量が多くなったり、結局、買い物へ行ったほうが良いのではないかという疑念があった。

これも4時起きになって解決した。12時位になると睡魔が襲ってきて仕事が手につかなくなるが、外へ買い物へ行くことはできる。最近、12時から昼寝して脳が回復するまでの間を「役立たずの時間帯」と呼ぶようにし、この役立たずの時間に脳の負荷が低い単純作業をするようにした。買い物もそのひとつである。

役立たずの時間帯は、どうせ仕事してもろくな成果を出せないので買い物へ行くことにした。結果、Amazonの定期便もパントリーも利用する必要がなくなりやめた。資源ごみの日に出すダンボールの量も減って快適である。

自然派ワインばかり飲むようになった理由

昨晩もワンボトル近く自然派ワインばかり飲んだわけですが、相変わらず翌朝に残らない。そしてまた飲みたくなりボトルを開ける。ここまで残らないと、「また今日も飲んでしまうだめな自分」といった罪悪感がない(笑)

ふと思ったこと。自然派特有の味わいがするものが好みだけど、本当に美味いと思っているのではなく、体に良さそうだから美味しいように感じているだけではないかということ。

甘いお菓子や味付けの濃いものなど食べ過ぎは体に悪いとわかっていても食べすぎてしまうものがある。かたや納豆のように臭いけど美味しいと思って食べているものもある。もし納豆が体に悪かったら、甘いお菓子みたく体に悪いとわかってても食べ過ぎてしまうことはなさそうだ。

そう考えると自然派ワインの独特な味わいも体に悪いのなら好んでは飲まなさそうだ。ワインを飲む動機も「美味しいものを味わいたい」や「酔って気分良くなりたい」という欲求より、養分補給とかより生命的な欲求に変わってきたかも(笑)

あとお酒を飲みたい、それもそこそこの量を飲みたい。けど翌日に残したくないというわがままを満たしてくれるのに自然派ワインはぴったりなのです。科学的根拠はないかもしれませんし、人によって違うと思うんですが、自分は明らかな違いを感じます。

通常、飲みすぎて朝を迎えると、頭も重いし胃腸に違和感が生じます。そして便秘気味になり異様におならが臭くなる。お酒によっては飲んでる最中に後頭部に鈍い痛みのようなものを感じることもあります。

でも、自然派ワインはそういったことがないんですよね。むしろ飲みすぎた翌朝、いつもよりも目覚めが良いように感じることもあるくらいです(笑)

写真は行きつけのお店でいただいたボジョレーの自然派(だったはず)。これは独特な味わいはなくジューシーで飲みやすいものでした。

f:id:eimei4coding:20171104183806j:plain

コッリ ピアチェンティーニ ピノ グリージョ 2015 イル ヴェイ

イタリア・エミリアロマーニャの自然派ワイン。ぶどう品種は白ワイン用のピノ・グリージョ。それを皮まで使っておりロゼのような色になっています。

f:id:eimei4coding:20171026205857j:plain

フレッシュでジューシーな果実味のかなりライトなワインです。余韻にややぷちぷちと舌への刺激、自然派らしい味わいが感じられます。アルコール度数は11%台かと思いきや12%。そうとは思えないほどにライト。

f:id:eimei4coding:20171026205927j:plain

item.rakuten.co.jp