愚かなハッカーたれ、利口なエンジニアよりも

自我と距離をおきたいプログラマの日記

最終的には富の偏りを防ぐ仮想通貨が支持されるはず。やっぱりPoI通貨が本命!

ビットコインのようなPoW通貨のマイニングに社会的生産性があるように思えない。多くの通貨を保有している者が、多くの報酬を受け取れるPoSも先行者メリットが大きく、既存の法定通貨同様に貯める方に強い意志が働く。やっぱり信用スコアが上げることで報酬が多くもらえるPoI通貨が、フェアでより良い社会を作る基盤になると私は思う。

例えばこういうPoI通貨はどうか?その通貨が流通するデジタル経済圏で、人から評価されるような使い方をすると信用スコアが上がり、利息のような形でより多くの報酬がもらえる。もし貯めたまま使わない状態が続くと、信用スコアは下がり、かつ、税金のような形で自動で通貨が引き落とされ、信用スコアが高い人に回る。

アカウント作成から一定年数が過ぎ、信用スコアが一定値を超えた場合は、貯め続けても信用スコアが下がらず、税金のような自動引落もわずかになるような仕組みにしておく。

このような仕組みの中では、若いうちは貯めることよりも生産的なことに使うようになると思う。信用スコアを十分上げ、その利息で生活していくことが老後働けなくなった時のリスクヘッジになるからだ。

仮想通貨の面白いところはこのように人の行動を変えうることだと思う。

日本破綻は若者が法定通貨JPYを捨てることで起きるのかも

少子高齢化により増大する医療費が日本を破綻に導くより前に、若者が日本円(JPY)を捨てて仮想通貨に移行することで、日本破綻が起きる可能性。

今の多くの若者は、JPY経済圏では割を食う。年金だってもらえるかどうかわからない。ならば、仮想通貨を買い、JPYに依存しない新たな経済圏を作り、そこで資産を築いたほうが良いと考えることは自然なように思う。

現在、仮想通貨を買っているのは30代以下の若者が多いという。若くして仮想通貨で億り人と言われるように資産を築いたものもいる。仮想通貨市場はまだ伸びる可能性があり、さらに多くの若者が仮想通貨で資産を作ることになるかもしれない。

そういった資産を築いた若者が結託して、仮想通貨で独自の経済圏を作る動きも出てくるかもしれない。もはや彼らはJPYを必要としない。そうやってJPYを捨てる若者が増えることで、日本と言うか日本円は急速に価値を失っていくかもしれない。

ゲームで腹立つ事があると目が覚めるので眠気覚ましにおすすめ

いまごろ、モンハン3Gをプレイしているのですが、マップの矢印がどっちに向いているかわからないし、通れそうに見えるところが通れなかったり、とにかくわかりづらい!それでいつもイライラするんですが、そのせいで目が覚めてくることを発見。それ以来、眠気がやってきたらモンハンプレイするようにしている(笑)

コッリ ピアチェンティーニ バルベーラ 2015 イル ヴェイを飲みました

f:id:eimei4coding:20180113172451j:plain

酸味、タンニン、果実味どれも程々にバランス良く。軽くもないが重くもなく程よい飲み口。自然派特有の個性はそれほど感じない。バルベーラ好きな人なら普通に美味しく飲めると思う。

f:id:eimei4coding:20180113172502j:plain

食事の邪魔にならないので料理にも合わせやすい。肉料理に良いと思います。なんとなくバルベーラはこの造り手イルヴェイの他のものより一番個性がありそうな印象だったけど、今まで飲んだ中で一番普通な感じでした。

ちなみに冬場だしいいだろうと、開けてから常温でバキュバンもしませんでしたが、3日目でもほとんど劣化を感じず美味しく飲めました。それも素晴らしい。というか、むしろバキュバンした方が味が飛びそう。

item.rakuten.co.jp

クルード カタラット ジビッボ 2016 マーレ マンニュムを飲みました

f:id:eimei4coding:20180113172205j:plain

シチリアのオーガニックワイン。クリアな色合いの印象通り爽やかなレモングラス。口当たり良く優しくきれいな酸味。ほのかな蜜のような甘さもある。スイスイといける軽快さながら安っぽさはない。

f:id:eimei4coding:20180113172211j:plain

1000円台中盤で買えてコスパ良し!商品説明にあるように万能系で冷蔵庫にストックしておきたくなる一品。食事にも合わせやすい。魚介系と合いそう。白身魚のムニエルなどバターの口直しにもいいかも。

item.rakuten.co.jp

3泊4日の旅で動き回ったら2週間近く日中眠くならない件

正月に3泊4日の旅をしました。温泉行ったり山登って滝見たり、レンタサイクルで走り回ったり。そして、自宅勤務の日常に戻ったのですが、あれほど昼過ぎに眠くなっていたのにそうならない日々が続いている。

実際には全く眠気がないわけではないのですが、仕事に支障が出るほどのものではない。仕事も捗っている。この前、書いたようにルーチン生活を送っていると、脳が安全な環境にいると錯覚して、省エネモードに入り睡魔が襲ってくるように思う。

旅して色んな所へ行って、普段見慣れない光景の連続を脳にインプットすると、身に危険が迫っているかもしれないと誤認させることができ、結果シャキッとするように思う。

最近、生活のリズムが大事という話を根底から疑っている。むしろ、たびたび狂わせた方が良いのではないか。脳に鞭打つために。

ゲームは時間の無駄とは限らない。むしろ脳を刺激するために頭を使う物は定期的にやるべき。

f:id:eimei4coding:20171224042208j:plain

ゲーム少年でゲームプログラマだった自分も今はほとんどゲームをしなくなった。コンシューマゲームのようなゲームらしいゲームは年に1本やる程度だ。数日前に「そういえばモンスターハンターやったことないな」と急に思い立って、久々に3DSの電源を入れダウンロード。久々にがっつり目なゲームをやることに。しかし、操作が面倒だし、覚えることもたくさんあるなあと、序盤からやめたくなった。仕事の時間奪うし、あんまり時間食うゲームはやめたほうがいいかもとも思った。

けど、せっかく買ったし、すぐやめたらもったいないかと半ば嫌々プレイを続けたら、だんだん操作が手に馴染み、脳が自動的に反応するようになってくる。クエストをこなすうちにゲームのルールもだんだん理解するようになる。

いつもは眠気飛ばしのために1時間ほど昼寝する時間を、ゲームのプレイにあてる。仕事のためにも本当は寝たほうがいいんだけどと思いながら。ゲームプレイ中もやや眠い。けど、眠気がありながらも、ゲームを辞めて寝てしまいたくなることはなかった。そして、ゲームをやり終えた後も眠いながら仕事を進められた。なんか良い1日だなと思った。

前の記事でも書いたように、人間の脳は変化がないと安全な環境にいると判断して、省エネモードに入るようにできているように思う。人間の脳は慣れてしまった動作は、無意識下でできるようになる。つまり自動化される。自動化され慣れきった動作ばかりになると脳は錆びていく。新しいことを始めること、覚えることがおっくになり活力が失われ、自動化されたルーチンをこなすロボット化する。

ゲームは定期的にプレイするべきかもしれない。特に操作やルールを覚えるのに時間がかかり、やや複雑で攻略に頭を使う物がいい。やり始めに面倒だと思うくらいのものがいい。新しいことを覚えないといけない状況を作り、脳に今いる状況は安全ではないとダミーの危険信号を送り、生存本能を呼び起こさせる。みたいな。

昨晩は昼寝しなかった代わりに夕飯後に少し寝るつもりで寝た。「1時間後に起こして」とアレクサにお願いしたのに、8時間後に目が覚めた。そして、これを書いている。どうもモンハンのプレイで脳を使い休息が必要だったようだ。目覚めは心地よい。今日は仕事もバリバリできそうだ。

タイムラインながめたら、こんな記事が。すごい。やっぱり好奇心は生きる意欲の源泉だね。

type.jp