愚かなハッカーたれ、利口なエンジニアよりも

自我と距離をおきたいプログラマの日記

仏教哲学

イケハヤさん概念化の時代を先取り感。まだ実名セルフブランディングで消耗してるの?

以前から概念化になりたいとつぶやいておられたイケハヤさんですが、この度、正式に?概念化することになったようです。複数人でイケハヤ風のつぶやきをして、最終的にはAIなんかで自動投稿を目指すようです。 イケハヤは分散化し、バーチャルブロガーとなり…

受動意識仮説は正しいかもしれないが、能動意識もあるのではないか

受動意識仮説によると、意識は脳が決定した行動を受動的に記録しており、何をするかの決定は無意識下の脳の決断によって行われているという。 とある脳科学の本で、このような話を読んだ。外界から入ってきた刺激は、脳で処理され、再び行動という形で外界へ…

自分の存在意義で悩むのは記憶回路のバグかもしれない

受動意識仮説によると、何を行うかの決定は意識するより先に脳が決定しているという。意識は脳の決定を後追いして記憶しているにすぎないのだと。 脳が下した決定を後追いで記憶する必要性について考える。どのような行動をとり、どのような結果になったかを…

日々違う人と会えば自分がどう思われているかあまり気にならなくなる

週3回くらいは外へ飲みに出ている。行きつけのお店もあるが、毎回違う店に行くようにしているので、話す相手は初対面の人か、久しぶりに会う人ばかり。酒が入った状態で毎回違う人と話しているから、誰と何を話したかをよく覚えていない。だから、自分の発言…

移動量を増やしミームマシーンを目指したら自我や煩悩が薄まってきた

この1年くらい県内各地の飲食店を飲み歩き、街のことを教えてもらったりある街の飲食店の人に、他の街のお店のことを教えたり。そうしてるうちに、私の役目は情報伝達、ミームマシーンを目指そう!と思うようになった。 この1年振り返ってみて、ネガティブな…

お金や自己承認欲求以外の動機に目を向けたら進む道が見えてくる

私も若い時は社会的に成功して稼げる男になりたい、世間に認められたいといったわかりやすい欲求があった。億単位のお金を稼ぎたいと思っていたのに、食うに困らない程度の収入になったら、お金を稼ぐことへの動機はしぼんでいった。 お金を稼ごうと思ったら…

地球が丸いという事実は頭の中だけにあり、体感的には平らなままである

人間の意識がいかにいい加減なもので、信じているものがいかにおぼろなものか。それは地球が丸いという共通認識からもわかる。 かつて人々は今住んでいる場所から地平線の彼方までずっと地面が続いていると思っていた。海が見える場所に住んでいる人は、海の…

いいねやシェアの数が少なくても気にせずアウトプットしよう

たくさんのフォロワーを抱える人は、たくさんいいねを集める。その内容は、わかりやすい汎用的なネタや時事ネタが多い。けど、世の中には色んな人がいて、世間ではあまり知られていない仕事に夢や希望を持っていたり、特殊な事情を抱えている人もいる。そう…

誰だってインフルエンサーになれる

インフルエンサー(情報伝達影響力の大きい人)というと、フォロワーを何万と抱えるネットの有名人を想像するだろう。確かに彼らの言葉や情報は多くの人に影響を与え、実際に社会を動かすかもしれない。 けれど、自分個人で振り返ってみた時、自分の考え方や…

仕事は修行であるという仏教の話

仕事とは修行であるという見出しの記事がタイムラインに流れてきた。とても良い仏教的視点の仕事観でした。 note.mu 「仕事というのは、修行である」という見出しを見ると、仕事とは苦しみに耐えるものと捉えがちである。でも真の仏教的視点では修行=苦行で…

サピエンス全史の話が仏教で締めくくられている件が感慨深い

サピエンス全史では人類史と共に人間の幸福とは何かをテーマとして扱っている。文明の発展、移動生活から定住生活といった人類の選択は、個人の幸福度の向上に繋がったかといったことに疑問を呈している。 サピエンス全史は20章で構成され、最後の20章は今の…

ルーチン化した生活が自分の首も絞めつけ他人にも息苦しさを強要する

ルーチン化した生活を続けていると、同じことばかり考えるようになり、些細な変化にストレスや苛立ちを感じるようになる。例えば、家族の誰かが自分の意図しない場所に物を置いたとか、飲食店に入ったらバイトスタッフの口調が気に食わなかったとか。 ルーチ…

エビデンスも大事だけど真実は空想の先にある

2016年世界各地で話題となったサピエンス全史によると、想像するという能力は人間(サピエンス)のみに宿るものらしい。そして、その想像を他人と共有し信じることで、アフリカで生まれた一生物に過ぎなかったサピエンスは全世界へと繁殖したのだという。 サ…

サピエンス全史を読了。想像上の秩序によるサピエンスの繁栄と未来。

遅ればせながら世界各国で話題となったというサピエンス全史を読み終えました。面白い内容でしたが、「全史」という邦題から想像する内容とはややズレがあるように思いました。原題は単に「サピエンス」のようです。 サピエンス全史 上下合本版 文明の構造と…

仏教の無常や無我はどう道徳とひもづくのか

何らかの理由で、あの世での報いを信じなくなり、現世での道徳をも見失いそうになったら、何を道徳の基準にすればよいのだろう。答えの1つは仏教にあると思う。 大乗仏教には仏教が他の宗教と異なる立場を示すものとして三法印というものがある。 三法印 - W…

聞き上手にも話し上手にもならず、ミームマシンになればいい

聞き上手になるより、情報をどんどん吸収して、それを話しまくって拡散する方がいいと思う今日このごろ。点と点をつなげて線にすれば、今は見えてない新しい可能性ができるかもしれない。 インプットもアウトプットも人並み以上を心がける。 聞き上手になっ…