愚かなハッカーたれ、利口なエンジニアよりも

地方でフリーでプログラミングスキルで生きていく

仕事環境と働き方

車通勤から電車通勤にして通勤中に読書の習慣をつけた時に1年で得られる差

車に乗っているとハンドルを握っているので読書はできない。職場まで車通勤するということは、たいてい30分以上かかる距離でしょう。なら往復1時間。 月20日通勤するとして1年で、1ヶ月20時間 x 12ヶ月 = 240時間。 www.lifehacker.jp 平均的な小説の総語数…

仕事は修行であるという仏教の話

仕事とは修行であるという見出しの記事がタイムラインに流れてきた。とても良い仏教的視点の仕事観でした。 note.mu 「仕事というのは、修行である」という見出しを見ると、仕事とは苦しみに耐えるものと捉えがちである。でも真の仏教的視点では修行=苦行で…

有効活用できるスキマ時間を作るために車に乗るのをやめよう

東京に住んでる人は電車移動が当たり前だけど、地方は車で移動する人が多い。けれど、私が住んでいるような人口30万規模の地方都市では車なんかなくても生活できる。駅の近所に住めば自転車で事足りる。買えないものはネットで買えばいい。 県内の人が集まる…

作りたいしプログラミングから離れたくないから何かを捨てる必要がある

元プログラマだった人がプロダクトを作りたいからプロデューサー的な立場(経営者とかプロマネとか)になり、プログラムを書くことをやめるということはよくあることだ。 私のように自らの手でプログラミングしてアプリを作りたい。そうでないと作った実感が…

移動する時間が増えてもアウトプットは変わらない?多動の習慣は時間の進みを遅くする?

イーロン・マスクは、テスラ社とSpace X社を行き来しマルチタスク的に仕事をこなしているそうだ。 www.businessinsider.jp 自分も生活がルーチン化し思考が固定化するのを防ぐために、最近は極力動くようにしている。もちろんイーロン・マスクと比べるべくも…

私はEvernoteに何でもかんでも保存。1サービスに集約したら管理も楽になった。

今から1年前(2016年6月)、Evernoteの無料プランで同期できる端末数は2台までになった。ユーザーからの猛反発もあり、自分もEvernoteの使用について見直すきっかけになった。 気になる記事があったら、ブラウザ、もしくは、はてなブックマークのようなウェ…

お腹が空くほどに集中力が増す。空腹ドーピング。

最近、ハマっている?のが、昼飯を食べず意図的に空腹状態になり、仕事の集中力を増加させる空腹ドーピング。冗談抜きでマジで効果あります。 人間は食べ物を口にしないといつか死ぬので、空腹状態になると食べ物を探すために集中力が増すようにできているら…

飽きっぽさを受け入れ、自己承認欲求と距離をおくと、自分の行くべき道が見えてくる

20代の時は自分がやりたかった仕事に就くことができ、学校社会で落ちこぼれの自分にできるかどうか半信半疑だったこともできるようになり、自己承認欲求が満たされるものがあった。そして予定通り20代で会社員を卒業し、30歳で独立して、これからは自分で何…

ハイパーノマドにならなくても、生活をルーチン化させない意識を持つだけで、狭い視野から解放される

会社員なんかやめてしまえ、日本を出て旅に出よう。今の時代どこへでも生きていける。そうはいってもノマドになることは多くの人にとって難しいことだろう。家族がいればなおさらだ。 自分も物忘れが増えた高齢の母親と暮らしていて、1日留守にして1人にして…

Kindle端末は必要か?スマホ+Kindleアプリで十分?

自分はKindle端末とスマホ両方あるほうが便利だと思っています。理由はこのように左手でKindleを持ちページをめくり、右手でスマホを持ち要点をEvernoteへ書き出すことができるからです(笑)Kindleもスマホもそれぞれ両手に持っても十分な軽さなので、ペー…

習慣と依存症って本質的に同じじゃないだろうか?

昼過ぎにカフェでコーヒーを飲むことを習慣づけたら、それを実行しないと落ち着かなくなった。そして、カフェへ行くために集中して仕事を片付けるようになる。カフェでは1時間読書する。 結果、日々の仕事のアウトプットは確実に増え、読書の時間も確保でき…

ハングリー精神は食うに困らなくなったら消えるモチベ。だから、やりたいことをやるしかない。

40代になって気がついたのは、お金を稼ぐことや、誰かを見返してやりたいとか、偉くなりたいという自己承認欲求などは、ずっと抱いていられるモチベではないということだ。 若い時は本当にお金がなくて、自分の能力が社会で通用して、きちんと自立して生活し…

カフェでコーヒーブレイクする習慣で仕事効率アップ

最近、我が地方都市にもPRONTOができました。スタバなど他にもコーヒーやカフェのチェーン店はありますが、PRONTOはバーカウンターがあり、外観も内装も都会的な印象がして気に入りました。気がついたら仕事の合間にPRONTOへコーヒーを飲みに行くのが楽しみ…

人はなぜ理不尽な労働環境でも半ば肯定的に働き続けるのか

ブラック企業をやめたくてもやめられない人。彼らに他の働き方、生き方を提示しても、何らか今の状況を変えてはならない理由を口にして、自分の置かれている状況を改善しようとしない。そういう人たちを見て不思議に思うフリーランスの人は多いのではないか…

ベーシックインカムは世界を救う?希望的観測まとめ

最近、話題のベーシックインカム。News Picksでもベーシックインカム特集がありました。 newspicks.com 自分なりに理解したことをまとめ。 今後、様々な分野で起きうる自動化で職を失った人の生活保障、格差問題の解決だけが目的ではない フィンランドには元…

Amazonによる配送ドライバーの激務化は日本だけの問題なのか?

以前から話題になっているこの問題。Amazonの宅配が増えすぎ、人手が足りておらず、配送ドライバーの仕事が過酷化している。 headlines.yahoo.co.jp この問題に対して、これはAmazonの問題ではなく、ヤマトの問題ではないかという見方もある。人員不足を解決…

会社組織よりフリーランスのままでいたいと思う理由

企業規模でやろうとすると、人を雇っているし、会社を倒産させないために収益の目標が高くなる。上場企業なら株主の目もあるので、ライバル企業との競争に打ち勝ち、成長し収益を伸ばしつつける必要がある。 それに対して個人は気ままである。 極端な話、自…

好きなことを仕事にできて良かったこと

年を取れば取るほど、若い時にやりたいと思った仕事に就くことだけにフォーカスして、その後20年近く好きな仕事を続けてこれて良かったなあと、しみじみ思う。以下は自分が好きなことを仕事にできて良かった思うこと。 仕事も遊びも区別がなくなる 仕事を生…