愚かなハッカーたれ、利口なエンジニアよりも

地方でフリーでプログラミングスキルで生きていく

Wordpressでなく、はてなブログでいいやと思う理由

Wordpressは管理が手間

Wordpressの導入は簡単だが管理の手間がある。まず頻繁なアップデート。セキュリティの問題修正もあるので、きちんとアップデートしない。プラグインで自動更新もできるが、アップデートで一部のプラグインが使えなくなることもある。

カスタマイズは最小限でいい

はてなブログしかり無料ブログだとWordpressほど管理の手間はない。しかしWordpressのようにカスタマイズ性は高くない。でも今どきブログのアクセスのほとんどはスマホからだろうし、そこまでカスタマイズに凝る必要もない。大手のサイトも最近はPC版もサイドバーが無かったりシンプルなレイアウトが多く、実際そのほうが見やすい。

アドセンスなど広告を貼るくらいは、ほとんどの無料ブログでできる。スマホなら記事の上端と下端に広告を貼るくらいだろう。Wordpressのような高いカスタマイズ性はいらない。

はてなの場合、スマホのカスタマイズは、現状有料プランのProでないとできないが、2年で1万5千円程度である。これくらいきちんとブログ更新すれば元が取れるはずである。カスタマイズや料金のことを考えるより記事を書くことに集中した方がいい。

むしろカスタマイズしたいという欲求は排除したほうがいい。だからWordpressは使わないことにした。

コミュニティの中にブログがある

はてなアメブロなどはユーザーの濃いコミュニティがあると思う。はてなブログには、記事にスターをつけたり、はてなブックマーク、読者になるボタンなど、他のユーザーへの導線がある。

アメブロも足あと機能(ぺた)や、いつの間にかリブログなんて機能もできていた。Tumblrのリブログと同じというより、引用みたいな感じでTwitterリツイートに近い感じである。

はてなのユーザーはネットリテラシーの平均値も高いと思うし、良質な記事を書く人も多い。はてなというコミュニティの中でブログを書いていると、なんらか有益な繋がりもできることも期待できる。

Wordpressを卒業して、はてなブログ

はてなブログができたころ、すぐに登録して技術系の記事を書いてましたが、途中でWordpressに移転しました。けど、技術系ブログはアドセンス収入を上げるのが難しく感じたし、微々たるお金のことよりもコミュニティの中で投稿したほうがいいなと、今は技術系の記事はQiitaに投稿してます。

独自ドメインのサイトも作っていますが、こちらもブログの機能は自前で実装することにしました。システムとの統合を考えたら、簡易ブログ機能も含めて自分で作ったほうがいいと判断したからです。

自分はもうWordpressを使うことはないと思います。