読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愚かなハッカーたれ、利口なエンジニアよりも

地方でフリーでプログラミングスキルで生きていく

好きなことを仕事にできて良かったこと

仕事環境と働き方

年を取れば取るほど、若い時にやりたいと思った仕事に就くことだけにフォーカスして、その後20年近く好きな仕事を続けてこれて良かったなあと、しみじみ思う。以下は自分が好きなことを仕事にできて良かった思うこと。

仕事も遊びも区別がなくなる

仕事を生活のためにしている、もしくは多少のやりがいはあれど、宝くじでも当たって大金を手にしたらやめるだろうと思う人。そういう人は、オンとオフが明確に切り分けられていると思う。

仕事が終わった後や休日に何をして遊ぼうかと思い浮かべながら、仕事をしていたりするだろう。でも好きなことが仕事になっていれば、仕事をしている瞬間を純粋に楽しめる。

仕事と全く関係ない純粋な趣味というのがあっても、優先度や満足感は仕事と遊びがセットになっているものが一番高い。

時間とお金を効率化できる

仕事と遊びがセットになっていると時間とお金の消費を効率化できる。仕事と遊びが一緒なら、それらが別れている人より、1日の中で楽しむ、楽しい時間を長く持てる。また仕事で使うお金は経費にできる。楽しいことをして合法的に経費にでき節約になり、かつそれは自己投資になる。

理不尽なことが起きた時に乗り越えられる

生きていると自分に全く否がないのに理不尽な仕打ちや不測の事態が起きる。問題を解決するためには、長い時間や多くのお金が必要になったりする。

もし嫌な仕事を我慢しながらやってきたのなら、ここで心が折れてしまいかねない。なぜ、ひたむきに生きてきたのに、こんな目に会うのかと、働く気力が湧き上がってこなくなるだろう。

けど好きなことを仕事にしていれば、この仕事を続けていれば、きっと道が開けるはずだと信じられる。窮地を乗り越えるために、新しいことに挑戦し、もっと稼ぐ方法を考えたりする。

仕事の能力が底上げされるのと同時に問題も解決できたりする。そして悪いことばかりじゃなかったと、あれは必要な試練だったと、理不尽な過去を肯定的にとらえることさえできる。

承認欲求を横におき道徳的でいられる

好きなことを仕事にしていれば、その仕事を続けてこれたのは、その仕事そのものを作ってくれた先人たち、自分と同じ仕事を通じて世の中良くしようとしている人たちに、恩や感謝の気持ちを抱く時が来るだろう。

それは目先のお金にとらわれ、自己顕示欲のために他人をおとしいれるような思考から自分を遠ざけてくれる。そして、自分も仕事を通じて少しでも世の中のためになることをしようと思えるようになる。