愚かなハッカーたれ、利口なエンジニアよりも

地方でフリーでプログラミングスキルで生きていく

自身のコンテンツの抜粋を自動投稿するTwitterボットっていいかも

いまさらですが数ヶ月前に高城剛さんに興味を持って、Twitterをフォローしました。そして、メルマガも読みたくなって登録してしまいました(笑)

このTwitterアカウントは、高城剛さん自身の自動投稿ボットのようで、このように運用されているようです。

  • メルマガの一部を抜粋
  • 自動投稿の候補として登録
  • ランダムで自動投稿される
  • メルマガの新しい記事からまた抜粋し登録
  • つまりランダムで投稿される内容がどんどん増えていく

この運用いいなと思いました。自分のサイトやメルマガに誘導するためにTwitterアカウントを運用していくのって、なかなか難しくコストが高いことです。でもこの方法なら、メインのコンテンツ作りに集中できる。やることは新しい投稿をしたら、一部抜粋して自動投稿ボットに登録するだけの作業でいい。

ランダム自動投稿なので、短期間に同じ内容が投稿されることもあるし(高城剛さんのツイートもそう)、それで飽きてフォロー解除する人もいるだろう。けれど、新しい投稿もされるので、新しいフォロワーを獲得できるし、またそのことを知ってる人は、そのままフォローを続ける人もいるだろう。

それにフォローされなくてもリツイートされれば、リンク先を踏んでくれるかもしれない。目的はコンテンツを読んでもらうことだから、フォローはされなくてもいい。ハッシュタグもつけておくと誘導の導線になりうる。

以前から有名人の著書やブログなどの抜粋を自動投稿するボットはありますが、これらは第三者がやっているものばかりです。高城さんのように自身のコンテンツから抜粋し自動投稿している人はあまりいないのではないでしょうか?

同じような運用をされている人もいると思いますが、高城さんはうまく興味を引く部分を抜粋してあって、自分もメルマガ登録してしまいました(笑)指摘されるように確かにうさんくさい内容もあるのですが(笑)、ホリエモン田端信太郎さんもメルマガ購読しているようなので、読んでおいて損はないと思いました。

Twitterの手動運用に疲れた。けど全く辞めてしまうのももったいない。そういう人は、自動投稿ボットの運用に切り替えてみてはいかがでしょう。よく読まれている記事からの抜粋とかいいかもしれませんね。