読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愚かなハッカーたれ、利口なエンジニアよりも

地方でフリーでプログラミングスキルで生きていく

サピエンス全史を読了。想像上の秩序によるサピエンスの繁栄と未来。

遅ればせながら世界各国で話題となったというサピエンス全史を読み終えました。面白い内容でしたが、「全史」という邦題から想像する内容とはややズレがあるように思いました。原題は単に「サピエンス」のようです。 

サピエンス全史 上下合本版 文明の構造と人類の幸福

サピエンス全史 上下合本版 文明の構造と人類の幸福

 

個人的には「想像上の秩序によるサピエンスの繁栄と未来」といった内容だと思います。繁栄より繁殖の方が適切かもしれません。繁栄と書くと人類が進歩した印象を与え、それは著者の見解と違います。

本書では10万年くらい前まで、我々サピエンス以外にも少なくとも6種の人類(ネアンデルタール人など)がいたであろうとから、人間や人類という言葉を使うのを避け、我々人類のことを「サピエンス」という表現を使っています。

全史というタイトルと内容が違って思えたのは、サピエンスはアフリカで突然変異により生まれ、その後、幾年もかけて世界各地に広がったという、いわゆる人類史的な話は序盤でほぼ説明されてしまうからです。

残りはサピエンスが実在しないものを想像し、それを集団で信じるという他の生物にない能力を元に繁殖をし、繁殖の過程で幾多の生物、ネアンデルタール人などサピエンス以外の人類をも絶滅に追いやったであろうこと。さらには幾多の同じサピエンス=先住民と称される民族(みな先祖は同じだが)も絶滅に追いやってきたこと。宗教、紙幣といった虚構を元にした文明の発展は、必ずしも個人の幸福度に貢献してきたわけではない。といった話が主体となっています。

文明の発展により犯罪も戦争も減少傾向にあるなど肯定的な見解もありますが、全般的にはサピエンスのこれまでの所業について否定的な見解に傾いているように思えました。人によっては読んだ後、あまり良い気分にはならないかもしれません。

それでもこの本を読むことで、いかに自分たちが虚構の中で生きているか俯瞰的な視点で物事を見ることができ、現代社会のいろいろな縛りの中で生きている息苦しさから解放される心地よさもあると思います。

著者の視点は、すべては人間の認識による色付けであり、それらは実体のない虚構(空)であるという仏教の色即是空に通じるものがある。産業革命は個人の幸福度に貢献したか?幸福とは何か?という問いの中で、著者自身が仏教の考えにも触れています。

生物学的にも人間の幸福度は外部の条件によって決まらないのは明らかである。だから内なる感情に耳を傾けるべきだと生物学者やニューエイジ運動は説くが、ブッダの洞察の方がより深淵だと著者は言う。結局、自分の感情に重きをおけば、よりそれを求めるようになり苦しみも増す。ブッダの教えは内なる感情の追求をもやめることだったと、仏教に対する理解を示している。

これは以前から私も深く同意するところである。近代になって脳が意識を作り出すとか、セロトニンが幸福を演出するといったことがわかり、ようやく外部の条件は幸福と関係ないと自分のような凡人含め多くの人が理解できるようになったのだが、2000年も前にブッダは答えをだしていた。驚異的としか言いようがない。著者も同じように感じていることが見て取れる。

対して著者は神は妄想であると述べており、その存在の可能性を全く認める様子がない。ドーキンスの著書「神は妄想である」と同様に、一神教の文化圏の中で育った人が進化論を語る時は、手に取る人々のことを意識してか、神の存在を否定する内容にページを割かなければならないのかもしれません。

また、自然選択によらず自らの意志によって生物を作り出す存在は、サピエンス自身がなるのであり、サピエンスより上位の存在=神もサピエンスの手によって作られるのだとも。遺伝子操作によって。そして、その存在がサピエンスを絶滅に追いやるかもしれないと。かつて、サピエンスが様々な種を絶滅させたように。

神の召喚は自分たちの絶滅の危険性があるとわかっていても、そのパンドラの箱を開けたい誘惑にサピエンスは勝てないのだろう。想像力を糧にした飽くなき探究心こそが、地球上の取るに足らない一生物をここまでの存在にしたのだから。 

サピエンス全史 上下合本版 文明の構造と人類の幸福

サピエンス全史 上下合本版 文明の構造と人類の幸福

 

Kindleなら上下巻合わせたものを読めますよ!自分もそれで読みました。