愚かなハッカーたれ、利口なエンジニアよりも

自我と距離をおきたいプログラマの日記

なぜネット上に嘲笑的カルチャーが蔓延するようになったのか

やっぱあの人 or サービスだめだったよねという失敗を笑う文化がネットに根付いて久しい。2ちゃんは古くからそうだし、Twitterもそういう文化が根付いている。

これはコミュニティに何もコミットしてなさそうな匿名の人だけでなく、数万のフォロワーを抱える著名な人ですら、嘲笑的ツイートをする人は多い。そして、そのツイートがRTやいいねを集めたりする。

この傾向について今の10代〜20代前半の物心ついた頃からネットがあったデジタルネイティブ世代には、上の世代のこのメンタルがわかりにくいのでないかと思う。なので、アラフォーのおっさんなりに時代背景を振り返りつつ分析してみる。

ネットに嘲笑的カルチャーが根付いた1つの大きな原因は、インターネットはスクールカーストで下の方にいた人々のカウンターカルチャーだったからだと思う。

現在、40代の自分が小学生高学年頃にファミコンという初めて広く家庭に普及した家庭用ゲーム機があった。自分たち子供の間で流行りはしたが、ファミコンばかりしているような人間はコミュ力の低いヲタクという嘲笑的称号が与えられた。

だから、みんなやっているのに、おおっぴらにファミコン大好き!とは言えないような空気があった。スクールカーストの上の方は野球、サッカー、バスケなど体育会系で、ファミコンなんかに本気でハマっているのは、スポーツが苦手で軟弱で決して学校社会でヒーローになれる存在ではないという位置づけだった。

自分が高校生になった時、パソコンを買ってもらったのだが、親しい友人以外には隠していた。なぜならヲタク呼ばわりされるのが嫌だったからだ。ヲタクという表現には、現在のそれより遥かに嘲笑的な意味合いが含まれていた。

大学に入ってゲームプログラマの道を目指し、本格的にプログラミングに打ち込むと決意した時、リア充社会との決別を意味した(当時、リア充という言葉もなかったが)。プログラミングの話ができる人間はスクールカーストの下の方にしかおらず、そこに同化したくないなら孤立を意味した。

思うに今のアラフォー世代には、かつてスクールカーストの下の方にいて、屈折した感情を抱いた人々が、インターネットの台頭と共に社会に出てから中流以上の存在にのし上がったケースが多いと思う。

だから、こういう人たちは他人に寛容さがなく、他人の失敗に厳しい。少しでも他人の無知を見つけると、そんなことも知らないの?と嘲笑的な態度を取る。今では当たり前となった知識や知恵をシェアするという概念からも遠くにいるように思う。

彼らに見られる特徴は、人の失敗に対してコメントやRTはするが、自分ではほとんど生産的なアウトプットはしないことだ。高い知性を持ち専門分野で深い知識を持つが、それを生産的なことに使うよりは、他人の間違いを指摘し正し嘲笑することに使う。実際にそれはフォロワー数万規模の人なら完璧に正しかったりする。

そういった嘲笑的コンテンツは、表面上、社会問題を取り上げているように見えるが、実際、本人がその問題にコミットして、その環境で虐げられている人々を救う意志も使命感もないと思う。

むしろかつて自分を馬鹿にしたような連中が地に落ちてざまぁみろと、そのまま不幸でいてほしいのではないかと思う。ゆえに嘲笑的なのだ。そして自分はそういう嘲笑的コンテンツが嫌になった。

確かに自分もプログラミングのスキルを身につける過程に、馬鹿にした連中を見返したいという気持ちがあったの確かだ。けど、やっぱり自分は生産的なことに自分のスキルを使いたい。綺麗事じゃなくポジティブな動機でないと、これ以上、プログラミングを続けていくモチベを保てそうにないからだ。愛するプログラミングを汚れたモチベで汚したくないのだ。人間は相変わらずそんなに好きではないけど。