愚かなハッカーたれ、利口なエンジニアよりも

自我と距離をおきたいプログラマの日記

セルフブランディングしたいけど炎上になったら嫌だと思う人はキャラクターにしゃべらせよう

実名でセルフブランディングしてる人って、ある程度認知が広がるとアンチもできて、炎上は避けられないように思う。キングコング西野さんのように常に炎上状態で燃えながら進めばいいと言えるのは、心臓に毛が生えた人たちである。

そこでアイデア。自分の分身キャラクターを作る。デザイナーさんなら自分で作ればいいし、そうでないならクラウドワークスのコンペで募ればいい。そして、LINEスタンプみたいに、喜怒哀楽などいくつかのパターンも用意する。

SNSなどウェブサービスのアイコンもそのキャラクターで統一。ハンドルネームは実名ではなくキャラクター名にする。ブログやSNSの投稿にそのキャラクターアイコンを挟むようにする。何かの批判もキャラクターが怒ったアイコンを貼ってやれば、そのキャラクターが怒ってるように見える。そうすると身バレしてても、キャラクターが言ってることのようになり炎上のクッションになる。

あとホリエモンがチームラボの猪子さんを彼はアートが免罪符になってて叩かれない、ずるい。みたいな話をしてたけど、確かに自分で何か物を作ってると炎上しにくいと思う。西野さんは別だけど・・・個人アプリ開発者とかは自ら火を投げない限りあんま炎上しないと思う。