愚かなハッカーたれ、利口なエンジニアよりも

自我と距離をおきたいプログラマの日記

有効活用できるスキマ時間を作るために車に乗るのをやめよう

東京に住んでる人は電車移動が当たり前だけど、地方は車で移動する人が多い。けれど、私が住んでいるような人口30万規模の地方都市では車なんかなくても生活できる。駅の近所に住めば自転車で事足りる。買えないものはネットで買えばいい。

県内の人が集まる街や観光地も電車で行ける。行きたいけれど車じゃないといけない場所ってそんなにない。それでも地方の周囲の空気感から車で移動することに疑いを持っていない人は多いのではないか。どうしても車じゃないと困る時はタクシーを使えばいい。たぶん年単位で見たら車を所持するコストより安いはずだ。

それで本題ですが、車で移動するということはハンドルを握ることになるので他に何もできないということ。つまり移動というスキマ時間を有効活用できない。電車ならKindleで読書できるし、ノートパソコンでブログだって書ける。

最近、県内各地に行くことが多くなった。電車で往復2時間ということもよくある。でもそれくらい読書やブログ書いてたらあっという間だ。東京暮らしの人なら、家賃が安い郊外から職場のある都心へ電車で1時間近くかけて通勤し、読書で時間を潰すのは割と普通のこと。それがスキルアップにつながっているかもしれない。

でも地方に住んでいる人には、ちょっと考えにくいことのようだ。賃貸マンションでも駐車場代は東京に比べたら安いし、通勤先にも駐車場がある。だから車通勤が当たり前になる。その流れで観光地などへ遠出する時も車が基本。そのせいでスキマ時間を活用しきれてないような。

これ書いててふと思ったけど、東京と地方の格差って電車で移動するか車で移動するかでスキマ時間活用の格差の影響も多少ありそうな気がした。車通勤から電車通勤に変えて読書するようにしたら、将来に大きく影響しそうに思う。

東京と地方に情報格差なんかないというのは正しいかも知れない。たしかに情報自体はどこにいても手に入れられる。けど、情報取得の機会格差のようなものはあるのではないかな。それが東京と地方のスキルや文化多様性の格差につながっているような。主な原因は地方の若者人口が減ってることでしょうけど・・・