愚かなハッカーたれ、利口なエンジニアよりも

自我と距離をおきたいプログラマの日記

仕事は修行であるという仏教の話

仕事とは修行であるという見出しの記事がタイムラインに流れてきた。とても良い仏教的視点の仕事観でした。

note.mu

「仕事というのは、修行である」という見出しを見ると、仕事とは苦しみに耐えるものと捉えがちである。でも真の仏教的視点では修行=苦行ではないし、仕事も苦行ではないのだ。

仕事の見返りや仕事に対する毀誉褒貶に一喜一憂しないこと。過去や未来のことに思考をうっかりはまり込ませないこと。
心を平静にケアしていくこと。これが修行であるのです。

ブッダは断食などさんざん苦行をやって、あれ?これ意味なくない?って樹の下でおかゆ食べたら、悟りを開いたのだ(笑) そして自分のための苦行をやめて、人々に真理を説くことを修行とした。ブッダの真理を説くというライフワークは修行であり仕事だったのだ。

正しい理解に努め誠実さをもって人々にインフルエンスしていく。富や名声、自己承認欲求を満たすことを脇において、人や社会のためになることを仕事の目的に切り替えると、心は平穏になるだろう。