愚かなハッカーたれ、利口なエンジニアよりも

自我と距離をおきたいプログラマの日記

Original Stitchでしかシャツを買わなくなった理由

気がついたら持っているドレスシャツ(Yシャツ)は全てOriginal Stitchで作ったオーダーシャツになってしまいました。2年で8着オーダー。先日、9着目をオーダーしました(笑)でも、それくらい気に入っているのです。

ドレスシャツもジャケットも、やっぱりフィット感が大事。ジャケットは既製品でもサイズがぴったりなものが見つかるのですが、ドレスシャツはなかなかない。胸周りや胴回りに余裕がありすぎ、袖の長さが短かったり、しっくりこないものばかり。胸周りに余裕があると胸周りにシワがよって見栄えが悪い。胴回りに余裕があると歩いているうちにズボンからはみ出てくる。袖が短いと腕を伸ばした時につっぱる。

ジャストフィットでオーダーしたシャツは、見栄えも着心地もいい。でも、今までデパートでオーダーで作ったシャツもしっくりこなかった。1万くらいでは生地がショボい。そしてカラーバリエーションも多くはない。

そんな中、2年ほど前にネットでオーダーシャツを作れるOriginal Stitchが、日本でもサービス展開しました。生地、襟の形、ボタンの色などを選択すると、シャツのプレビュー画像も連動して変わる。胸周り、胴回り、袖丈、着丈、首周りなどシャツを作るのに必要な寸法を全て入力できる。生地もものすごく豊富。しかも、ほとんどの生地は1万円以下でシャツを作れる!ユーザーインターフェースも良くて、これはすごい!と一人興奮したのを覚えてます。

しかし、プレビューがあるとはいえ、現物を見ずにネットでオーダーするのにやや不安はありました。でもサイズが合わなかったら一度だけ無料で新しいシャツを再オーダーできるとあり、しかも返送不要とのこと。なんという太っ腹。これは、とりあえずオーダーしてみるべし!と即オーダーしました。

仕上がって送られてきたシャツを見て、同価格帯の既製品よりも生地感もフィット感もよく思えた。でも、ここは欲張って胸周りと胴回りにさらにタイトなフィット感を求めることにした。無料で再オーダーできるシステムを遠慮なく使おうと、サイズを絞って再オーダーしました。(確かこの時、再オーダーする理由と着た時の写真を求められました)

そして、新たに仕上がったシャツはジャストフィット!胸周りピッタリ。胴回りもピッタリでズボンにきれいに収まる。既製品よりやや長めに作った袖丈は、腕を伸ばしても手首の付け根に固定される。完璧だ!と一人部屋で大興奮しました。そして、前回作ったシャツは友達にあげました(笑)

それからOriginal Stitchでシャツをオーダーするようになりました。一度、作ったシャツの寸法は保存されているので、2枚目以降もどれも同じフィット感。3枚くらいオーダーしたところで、手持ちの既製品のフィット感のなさに耐えられなくなり、すべてオークションなどで売りました。

セレクトショップで定価で3万くらいするシャツも持っていたのですが(バーゲンで半額で買った)、確かに生地は良いけどいくら生地が良くても、フィット感がある方が見栄えが良いんですよね。だから迷わず売りました。そして、もう既製品のドレスシャツは買わないと決めたのです。

Original Stitchの中の人も頑張っていて、ちょくちょくシステムがアップデートされます。プレビューは初期の頃より、かなりリアルになりました。実物との差もあまりないように思います。今まで8枚作って実物と色がかなり違うと感じたのは1枚だけ。それも、これはこれでいいかと思って気に入っていって着ています。

ちなみに写真は8枚目に作ったシャツで、左が実物、右がプレビュー画像。あまり差はないと思いませんか?むしろ、実物はプレビュー画像に近いと思います。

f:id:eimei4coding:20170729200719j:plain

このシャツの生地は、Wired Stripe: Aqua Blueといいます。きれいなアクアブルーのストライプで春夏にぴったりです。ボタンは白ではなくネイビーを選択しています。我ながらナイスな選択だったとお気に入りです(笑)

ちなみに襟をボタンダウンにして、ボタンを白にするとプレビューはこんなふうになります。

f:id:eimei4coding:20170729201420j:plain

プレビューですよ!実物じゃないですよ!(笑)

そんなわけで、もっとたくさんの人にOriginal Stitchを知ってもらいたいと、影ながら応援しています。

ja-jp.originalstitch.com