愚かなハッカーたれ、利口なエンジニアよりも

自我と距離をおきたいプログラマの日記

良いデザイナーと出会いたいならクラウドワークスでコンペがおすすめ

私は作ったアプリのアイコンは、クラウドワークスのコンペで作ってもらっています。クラウドワークスのコンペの流れについて手短に言うとこんな感じです。

  • アプリのコンセプトやおおまかなデザイン案を伝え、アイコンの制作を募る
  • クラウドワークスに登録しているデザイナーさん達がアイコン案を出してくれる
  • その中から良いと思ったものを採用する
  • 採用前、採用後も修正依頼が可能。それでよりイメージに近づけることも出来る

今まで1〜3万円のコースでコンペを開催しましたが、20〜50人くらい参加してアイデアを出してくれます。今まで10回ほどコンペしましたが、1つも採用したいアイデアが無かったということは1度もありませんでした。

その10回の中で、前回参加していただいた人や、前回アイデアを採用させていただいた人に、再度参加していただくこともありました。しかし、毎回別の人を採用することになりました。別に意図的にそうしたわけではなく、その時々で良いと思ったアイデアが違う人のものだったのです。

そして10回もコンペしていると、自分が好きなテイストのデザインを得意とするデザイナーさんが見つかるわけです。最近はコンペで出会ったデザイナーさんに直接、仕事を依頼することもあります。

ちなみに、私を擬人化?したロバ人間のキャラクターもクラウドワークスのコンペで採用したものです。いくつか感情表現のパターンも欲しかったので、後日、直接仕事を発注しました。このキャラクターのテイストを気に入っているので、また別のキャラクターも作っていただくつもりでいます。