愚かなハッカーたれ、利口なエンジニアよりも

自我と距離をおきたいプログラマの日記

自分を変えたければ、まず今住んでる場所から離れて行動すること

何年か前に見かけた大前研一さんのこの名言。

人間が変わる方法は3つしかない。

  • 1番目は時間配分を変える
  • 2番目は住む場所を変える
  • 3番目はつきあう人を変える

この3つの要素でしか人間は変わらない。 最も無意味なのは「決意を新たにする」ことだ。

正論過ぎてずっと心の中にある。1と3は誰でもいつだってできる。2の住む場所を変えるのは難しいかもしれない。でも住んでる場所に行動範囲を限らないことはできる。週末だけ別の街へ行って過ごすだけでも、自分を変える効果はあると思う。

そして「決意を新たにする」は、本当に意味がない。自己啓発本とかを好きじゃないのも、そういった「決意を新たにする」気分だけを与えるからだ。一時だけ脳内麻薬を分泌させる、ある種のドラッグではないだろうか。

人類は長い歴史の中で定住より移動生活をしていた期間のほうが長いという。だから移動して環境が変わると、本能的に危機意識が高まって感覚が研ぎ澄まされるのではないかと思う。