愚かなハッカーたれ、利口なエンジニアよりも

自我と距離をおきたいプログラマの日記

暗号通貨に期待できる可能性は、お金を稼ぐための人の行動を良い方向へ変えうること

数ある暗号通貨の中で、NEMというネットワークの中で流通するXEMという通貨がある。NEMが面白いのは、NEMネットワークの活発化に貢献した人に報酬が多く与えられる仕組みがあることである。つまり流通通貨のXEMで取引をすればするほど報酬が与えられる仕組みになっている。(まだ少し買っただけで実際に使ってないので他サイトの受け売り理解ですが・・・)

暗号通貨で期待できるのは、このように人々のお金を稼ぐ、使うの動機=インセンティブを変えうる仕組みを入れられることである。こういった通貨が支持を受け広く普及すると、大げさな話ではなく世界を変える力を持つと思う。

NEM/XEMの面白いところは、従来の通貨の「たくさん貯めることで安心感を得る」という方向へインセンティブが強く働くのを防ぐ仕組みである。ただ貯めても報酬は増えない。取引を活発に行う、つまり使う、もらうを頻繁に行うと重要度(POI)という指数が上がり、利息のような報酬が上がっていく。(ちなみに同じ相手とだけやりとりしてもそうならない仕組みになっている)

日本経済閉塞の一因は、高齢者世代が将来不安から貯めたお金を使わず、若者にお金が回らないことである。使っても減るだけだから身の安全のために貯めておこうという方向に強くインセンティブが働いている。これは従来通貨の大きな欠陥と言えるだろう。

若者が起業したベンチャーに投資してリターンを得るなど、若者への投資がリターンになる可能性もあるが、一般人にはハードルが高く、そのような概念を認識、理解してない人も多い。

しかし積極的に使うことで回り回って報酬を増やせる可能性を、最初から提示できる通貨なら、ただ貯めるという方向に強くインセンティブは働かなくなるだろう。そこがNEM/XEMのような暗号通貨に期待できるところである。

たとえば、地方で農業に取り組む若者コミュニティの間で、ある暗号通貨が普及したとする。この暗号通貨はXEMのように取引を行った回数が多く、かつ社会的に有意義なことに使うと報酬がより受け取れるものとする。社会的に有意義かどうかは人工知能が公正に判断するものとする。(XEMより洗練された暗号通貨を妄想)

ある地方で日照りが続き深刻な不作になり、この通貨を使うコミュニティの1つが危機的状況になったとする。この時、他のコミュニティが救済のために通貨を彼らに寄付することは、将来、自分たちのコミュニティの報酬を増やすことに繋がると予想できるとするならば、寄付をすることへのインセンティブが強く働くだろう。つまり暗号通貨が人々の行動を良い方向へ変える。利他的行動が利己的行動とリンクするのだ。

NEM/XEMのようなコミュニティに貢献したものが多く報酬を受け取れる仕組みの通貨はこれからも出てくるだろうし、さらに洗練されていくだろう。私はこれらの暗号通貨を買い集めていきたいと考えている。