愚かなハッカーたれ、利口なエンジニアよりも

自我と距離をおきたいプログラマの日記

眠くて役立たずの時間帯は寝ることにして、起きてる時間を変えるといいかも

最近、起きている時間と寝ている時間のサイクルを変えてみた。連続して寝る時間を少し短くして、その分、私がいつも眠くなる昼間の時間(役立たずの時間帯)に寝るようにした。だから合計睡眠時間は以前と同じくらいである。

最近気がついたのは、どうやら睡眠時間を増やそうが、役立たずの時間帯は決まって眠くなるということだ。具体的には13時〜16時の時間帯である。なら、もうこの時間は睡眠時間にしてしまった方が良いのではと思ったのだ。

また今までは朝7時に起きて、母親の分を含めて朝ごはんの支度をし、食べて片付けして8時くらいから仕事。途中、洗濯機を回し干す作業もある。12時には昼飯と一緒に買い物へ行っていた。買い物へ行く時間を減らすために宅配も活用しているが、それらは午前中に届く。

つまり、7時〜12時までの間は、仕事の集中がプツプツ途切れる細かいイベントが発生する。そして、間もなく役立たずの時間帯がやってくる・・・今更ながら仕事がはかどらないのも当たり前だ。

だから、役立たずの時間帯は2時間くらい寝て、その分、夜の睡眠時間を短くして朝4時に起きるようにしてみた。って、まだ慣れてないので実際は5時くらいに起きることもあるけど・・・

でも4時に起きると朝食を作る7時まで3時間もある。そして役立たずの時間帯13時には、すでに9時間も起きているわけで、なら寝てもいいかという安心感がある。そして夕飯を終えた19時から21時くらいまではまた仕事ができる。どうも自分はこのリズムが合っているような気がする。

会社勤めだと難しいですが、私のような自宅勤務で融通がきく人は、役立たずの時間帯は睡眠時間にして、今まで寝ていた時間に起きて仕事すると能率上がるかもしれません。