愚かなハッカーたれ、利口なエンジニアよりも

自我と距離をおきたいプログラマの日記

起床と睡眠のサイクルを最適化したら1日を長く感じる

今まで私は朝6〜7時に起きて、夜0時くらいに寝ていた。ここ数年悩んでいたことは、13時過ぎから襲ってくる眠気である。今までも昼食を食べた後は、眠くなっていたのだが、数年前から耐えきれないほどの睡魔が襲ってくるようになった。ほとんど仕事にならない。

そして1〜2時間昼寝してからの寝起きもすこぶる調子が悪い。後頭部のあたり、脳の図で言うと小脳の当たりでしょうか?このあたりがズキズキして、やはり頭が働かず仕事にならない。今までも昼寝することはあったけど、起きた後ここまでひどく眠気を引きずることはなかった。

昼ごはんを食べないと耐えきれないほどの睡魔は襲ってこないことを発見した。空腹だと本能的に生存危機を感じるらしく眠くなりづらいらしいのだ。けど、やっぱり若干の眠気はあるし脳の機能が低下し、仕事はあまりはかどらなかった。

朝はいろいろやることがある。朝食の支度、洗い物、洗濯、ゴミ出し・・・朝7時に起きて眠くなる昼過ぎまでの6時間は、振り返ると思ったほど仕事に集中できていない。また昼間は買い物や、日によっては銀行へ行ったり税理士と会うなど、もろもろの雑務もある。どうも1日のフローが非効率だ。そこで起床と睡眠のサイクルを変えてみることにした。

朝4時に起きて仕事にかかる。7時に飯の支度するまで3時間の余裕がある。そして13時過ぎに眠気が襲ってきたら、迷いなく寝るようにした。最低30分、できれば1時間〜2時間寝る。起きてから買い物など雑務をする。17時の夕飯の支度までは仕事はあまりしない。夕食後の19時以降に仕事をする。そして23時には寝る。

このようにしたところ、起きている時間は睡魔と戦わなくてよくなった。このサイクルにして気がついたことは、早起きしようとも眠気は13時以降に襲ってくることである。3時間早起きしても10時に眠くなるようなことはなかった。そして、早起きして仕事もある程度しているから、安心して昼寝ができる。

そして昼寝から起きた後も以前のような不調を感じることはあまりなくなった。私は朝は寝起きが良いのだが、それと同じようなスッキリした感じがする。同じ昼過ぎに眠気が襲ってくるけど、今のそれは早起きしているから眠くなるというのもあってか、眠気の種類が違うように感じる。

早起きするようにしても以前より早く寝るので、睡眠時間は以前と同じ6〜7時間。しかし、起きている時間は睡魔と戦わなくて良いので、頭が働く時間が増えた。そうすると1日長く感じるようになったのである。結果、アウトプットも増えている。

私と仕事中、同じく睡魔と戦っている人は、最適化してみてはいかがでしょうか。在宅勤務とかでないと難しいかもしれませんが・・・しかし、もう在宅勤務になって10年以上になるけど、なぜ今まで会社員時代と同じサイクルを厳守しようとしていたのだろう。つくづく人って習慣にとらわれますね。