愚かなハッカーたれ、利口なエンジニアよりも

自我と距離をおきたいプログラマの日記

広告から応援したい人への投げ銭が収入源になるとコンテンツプラットフォームは健全化する説

テレビもウェブも不倫ネタとかくだらないと思いつつも、本能的に見てしまう。それが視聴率やPVを上げ、そこに貼られている広告経由で、配信者の利益になってしまう。

本能的欲求から見てしまうことと、自分にとって価値があるから見ることは、同じ見るでもぜんぜん違う。どっちにお金を払いたいかと言えば、誰だって後者のはず。

広告収入から応援したい人に投げ銭する仕組みへのシフトは、この問題を解決するんじゃないかなあと期待している。噂話好きな本能的欲求から相変わらずその手のコンテンツはアクセスを集めるかもしれないが、収入にならなければ縮小されていくのではないだろうか。