愚かなハッカーたれ、利口なエンジニアよりも

自我と距離をおきたいプログラマの日記

Ethereum公式アプリMistのバックアップで勘違いしてアカウント復元できなくなった件

Mist 0.91、Mac版の話。

  • メニューのアカウント > バックアップ > アカウントを選択
  • keystoreというフォルダがFinderで開かれ、その中にファイルがある
  • バックアップファイルが新たに作られたと思ったら大間違いで、Mistが参照しているアカウントファイル本体を表示しているという・・・

バックアップしたければ、このファイルをコピーしなければいけない。試しにメニューからバックアップファイル作ってみたけど、とりあえず今は消していいやと思って消してしまったら、アカウントを復元できなくなりました。まさか本体ファイルだとは・・・

そもそもMistのセットアップウィザードみたいなのが不親切。起動するとこの画面が表示されるので、USE THE MAIN NETWORKを選択する。

f:id:eimei4coding:20171011171852p:plain

次にウォレットファイルがあったら、ドロップしてね(※1)と言われる。新規の場合ないので、SKIPを押す。

f:id:eimei4coding:20171011171906p:plain

そしてこの画面で新しいアカウントのパスワードを入力し、NEXTを押す。

f:id:eimei4coding:20171011171921p:plain

ここで、アカウント > バックアップ > アカウントを選択して、keystoreフォルダをコピーしておいてねとアラートが出る。

f:id:eimei4coding:20171011171938p:plain

でも、ここでメニュー操作をユーザーの手に委ねるのが不親切だと思う・・・

(※1)の画面ではwallet fileと呼んでいるのに、ここではkeyfilesと呼んで統一されていないのもよくない。仮にここでバックアップとって、復元しようと思ってもwallet fileって何?って思う人も多いのでは。

ちなみにkeystoreフォルダにあるファイルの中身はJSONファイルである。(※1)の画面ではethereum_wallet_backup.jsonとあり、JSONファイルであることを示しているが、keystoreフォルダにあるファイル名は、UTC--2017-10-11T08-11-47.488186429Z--75c***88のようになっていて拡張子はjsonではない。混乱しますよね。そもそもJSONファイルが何かも知らない人だって多いし。

復元できなくなったおじさんのアカウント・・・まさに0.25ETHは霧(Mist)となりました。

それに比べてNEM公式のNano Walletは親切!まず、ウォレット名とパスワードを入力したら、すぐにウォレットファイルの保存ダイアログが出ます。

f:id:eimei4coding:20171011173231p:plain

次にこのようにウォレットファイルとプライベートキーの保存をうながします。(表示ボタンを押すと内容が表示される)

f:id:eimei4coding:20171011173328p:plain

間違いが起きようがないです。