愚かなハッカーたれ、利口なエンジニアよりも

自我と距離をおきたいプログラマの日記

自然派ワインばかり飲むようになった理由

昨晩もワンボトル近く自然派ワインばかり飲んだわけですが、相変わらず翌朝に残らない。そしてまた飲みたくなりボトルを開ける。ここまで残らないと、「また今日も飲んでしまうだめな自分」といった罪悪感がない(笑)

ふと思ったこと。自然派特有の味わいがするものが好みだけど、本当に美味いと思っているのではなく、体に良さそうだから美味しいように感じているだけではないかということ。

甘いお菓子や味付けの濃いものなど食べ過ぎは体に悪いとわかっていても食べすぎてしまうものがある。かたや納豆のように臭いけど美味しいと思って食べているものもある。もし納豆が体に悪かったら、甘いお菓子みたく体に悪いとわかってても食べ過ぎてしまうことはなさそうだ。

そう考えると自然派ワインの独特な味わいも体に悪いのなら好んでは飲まなさそうだ。ワインを飲む動機も「美味しいものを味わいたい」や「酔って気分良くなりたい」という欲求より、養分補給とかより生命的な欲求に変わってきたかも(笑)

あとお酒を飲みたい、それもそこそこの量を飲みたい。けど翌日に残したくないというわがままを満たしてくれるのに自然派ワインはぴったりなのです。科学的根拠はないかもしれませんし、人によって違うと思うんですが、自分は明らかな違いを感じます。

通常、飲みすぎて朝を迎えると、頭も重いし胃腸に違和感が生じます。そして便秘気味になり異様におならが臭くなる。お酒によっては飲んでる最中に後頭部に鈍い痛みのようなものを感じることもあります。

でも、自然派ワインはそういったことがないんですよね。むしろ飲みすぎた翌朝、いつもよりも目覚めが良いように感じることもあるくらいです(笑)

写真は行きつけのお店でいただいたボジョレーの自然派(だったはず)。これは独特な味わいはなくジューシーで飲みやすいものでした。

f:id:eimei4coding:20171104183806j:plain