愚かなハッカーたれ、利口なエンジニアよりも

自我と距離をおきたいプログラマの日記

日本破綻は若者が法定通貨JPYを捨てることで起きるのかも

少子高齢化により増大する医療費が日本を破綻に導くより前に、若者が日本円(JPY)を捨てて仮想通貨に移行することで、日本破綻が起きる可能性。

今の多くの若者は、JPY経済圏では割を食う。年金だってもらえるかどうかわからない。ならば、仮想通貨を買い、JPYに依存しない新たな経済圏を作り、そこで資産を築いたほうが良いと考えることは自然なように思う。

現在、仮想通貨を買っているのは30代以下の若者が多いという。若くして仮想通貨で億り人と言われるように資産を築いたものもいる。仮想通貨市場はまだ伸びる可能性があり、さらに多くの若者が仮想通貨で資産を作ることになるかもしれない。

そういった資産を築いた若者が結託して、仮想通貨で独自の経済圏を作る動きも出てくるかもしれない。もはや彼らはJPYを必要としない。そうやってJPYを捨てる若者が増えることで、日本と言うか日本円は急速に価値を失っていくかもしれない。