愚かなハッカーたれ、利口なエンジニアよりも

自我と距離をおきたいプログラマの日記

68歳になっても変化を受け入れモチベも衰えない矢沢永吉

blogos.com

ネットも電子化もそんなに詳しくないアナログ人間だけど、こういう時代が来るって勘は働くという下り。でも、こういう変化に対して、40歳にもなれば、たいていの人の勘は人をダメにするだと思う(笑)ちなみに矢沢永吉は現在68歳。もうDNAレベルで違うと思う。

エモーションが蓄積するなんてこの歳で言ってるのもすごい。普通は食える状況になったら、エモーションなんか薄れていく。たとえ類まれな才能があっても。

最近思うのは、年取っても変化を受け入れ、モチベも衰えない人って、変化が激しく予測がつかない環境で生き延びてきた祖先から引き継いだ遺伝的形質なんじゃないかと思う。

逆に変化があまりなかったり、規則的で予測がつく環境なら、食料を確保できるルーチン作ったら、わざわざ危険を犯して未開の地に行ったりせず、変化を拒んだほうが生存率は上がる。

そういう自然選択のふるいによって、変化に対する人の気質みたいなものは決まっているんじゃないかな。

音楽自体ほとんど聴かない人なので矢沢永吉の音楽も聴かないですが、インタビューはいつもカッコイイなあと思う。

自然選択から考える年を取って好奇心が衰える人と衰えない人